『上野 癒やしの空間』体験談その1。上野の隠れ家エステで鼠径攻め

体験談販売ページ

ニョロニョロと鼠径を駆け巡るマッサ

『上野 癒やしの空間』を利用した際の体験談です。

つい最近、ゲームショップでバイトを始めた20代後半のキワキワハンターの吉川です。

メンズエステ通いが祟って、バイトを増やさないとやっていけない状況下に。

でもメンズエステは人生の楽しみなので、やめるわけにはいきません。

簡単な話、エステ代目的のバイトを入れればイイって単純なハナシなのです。

そんな紆余曲折を味わいながら向かったのが、都内有数の観光地である上野です。

お店の名前にはしっかり地名が入っており、地元愛を感じる『上野 癒やしの空間』が今回のステージです。

 

『上野 癒やしの空間』

 

何か良さそうなことがありそうな予感、セラピストたちを見れば分かります。

だってみなさん、今にも踊り出しそうなボインちゃんばっかりなんだから。これ見せられたら、すべての信号が青になりますよネ。

お初なお店なので、そこは謙虚にフリーでイン。予約は必須のマンション型エステです。

最寄駅は主に上野駅ですが、鶯谷駅や東京メトロの入谷駅からでもオーケー。気分次第でいろんなアクセスパターンが楽しめます。

メンズエステは、お店に向かうのもお楽しみのひとつだからね。

私はあんなことがあったらいいな、こんなことに挑戦してみようと、考えながら向かうのが大好きです。

まずは基本の上野駅を降り立ち、北へ3分くらい歩けば、お店となるデッカイマンションがお目見えです。

緑があるので人目につかないように入れるっていうのは、プラスポイントとしておきましょう。

例の如くオートロックの解除を願い出て、到達したあるお部屋。大人の雰囲気と包容力が高そうなAさんが柔らかにお迎えです。

部屋は十分な広さ。ワンルームなのでプライベート性もひときわ高く、Aさんの色気に耐えきれるかどうか不安になりそうでした。

そんな気持ちを一旦落着けるべく、キンキンに冷えたお茶を頂き、受付ですね。

チラッと事前に確認していたのですが、サイトには載ってないオプションがチラホラ提案。

説明を受けるっているのもプレイ内容なのかな、ムフフな気分が盛り上がります。

結局おすすめの120分コースに、鼠径オプションと洗体をつけて合計19,000円。1,000円の新規割が効いています。

それではさっそくのシャワータイム、および洗体タイムへ。

Aさんは泡の準備、その傍らで私はTバックへと変身、戦闘力もギュンギュン高まってきています。

「あ~あぁん」と極小Tバックからはみ出した悪ガキポール君を叱ってきますが、反抗心が強くさらに暴れん坊に。

しょうがなく、そのままでいざ洗体が始まります。

まずは上半身に泡を纏わせ洗ってくれます。

お腹あたりになると若干当たりはじめ、そのままグリングリンとモロです。

「当たり前でしょ、何驚いてるの」という洗い方が逆にイイ。

そして後ろ向きでは、お尻のラインもガッツリ洗ってくれます。肝心な場所は、当然の如くといったところでしょうか。

でもこの洗体で暴発することも十分可能ですね。

無事終わって、そこからはマッサージの時間です。

この時点では体のすべてをみられているのと同じなので、恥じらいは無し。遠慮なく勃起した私を披露します。

序盤はさりげなくリラクゼーションスタイル。キワキワに到達してからは怒涛の連続技になるからだそうです。

確かに休まる暇がありません。カエルではヘビのようにニュルニュル、ニョロニョロと鼠径を駆け巡るマッサ。

仰向け後ではオイル塗れの脚を絡ませ、Aさんの際どい感触が常時感じられ、鼠径は常に刺激が続く。

お尻を向けた状態でまたがってきたかと思えば、トロントロンなお股が急接近。この丘を押してみようとツン、ムニュ。なんと柔らかいことでしょう。

ラストは私の表情を窺いながら、手の動かし方を調整し、時間一杯まで鼠径エステを楽しませてくれました。

情報局ポイント

メンズエステ『上野 癒やしの空間』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆