『ビューティアンドビースト(BEAUTY AND BEAST)』体験談その3。大阪梅田の熟練セラピにタラタラリン

ワンワンだったのが生まれたての子羊に

『ビューティアンドビースト(BEAUTY AND BEAST)』を利用した際の体験談です。

長年の工場勤務をしている35歳の大内です。

一向に上がらない給料から、男性セラピストとしてアルバイトしてみたいなと思いはじめていたりします。

そこでまずは職場体験とばかりに遊びに行ってきたのが、大阪のキタエリアにある『ビューティアンドビースト(BEAUTY AND BEAST)』です。

『ビューティアンドビースト(BEAUTY AND BEAST)』

なんでもメンズエステの最高峰と銘打つビックマウスなお店。施術ルームやセラピストの選定、充実のオプションメニューなど、それ相応のこだわりがあるみたい。

確かに公式サイトなどで披露されてるルームは豪華そのもので、社交界の住人が利用してそうな雰囲気。

「マジでここで受けられるの」「イメージじゃなくて」と疑ってしまうようなレベルです。

一方のセラピスト陣営は、ナルホド美人オーラ高めの女の子たちが揃っているもよう。年齢層も20代が中心で丁度いい感じだし。

重箱の隅を突くようで嫌なんですが、感じてしまったのがセラピストのポーズが軽く煮詰まってないような気が。その体勢はセクシーなのか?と思えるような微妙なポーズにクスッと和ませてもらいました。

予約前の誰にしようかなタイム、意外と出勤セラピが多くて時間が掛かります。

結局、スタイルが好みのMチャンを選択です。

プロフ写真のお顔の隠し方がちょっとカワイイのも付け加えておきましょう。

電話での対応はおおむね良好、お店のイメージを損なわないもので一安心です。

場所は北新地ルーム、梅田駅から南へ進んでいく感じ。徒歩にして10分くらいと、少し歩くことになります。

近場からの連絡を入れるシステムで、誘導されて到着です。マンションは豪華です。

エントランスも豪華、部屋へ向かう通路も豪華。そこを踏みしめるのはヨレヨレスニーカーで、何でコレ履いて来たんだと後悔するほどです。

そしてMチャンとのご対面。かなり気合の入った風貌は、彼女をすごく美人に見せてくれていました。

芸能人で例えるとウィッシュの嫁ってところでしょうか。装いはシックな感じで大人を演出しているのかな。

アンケートなどをこなしながら、料金は新規割引きの1,000円がありながらも、指名料とオプションで4,000円、90分コースの12,000円と合わせれば計15,000円となりました。

この時点では、設備面やセラピの対応などを考えると良心的な価格だと思いました。

シャワー前には紙パンツを案内、スルーすることは不可能みたい。

いよいよマッサージへ。うつ伏せスタートはどこも似たようなもので、私も手慣れたもの。

Mチャンはかなり上級者の手つきで気持ちいいですね。

ふくらはぎから膝裏リンパ、太ももから鼠径リンパてな感じで、メンエスと健全さをうまい具合に融合させておりいい感じです。

カエルリンパになると、いたずら小僧にちょっかいをかけるのも忘れない。

「なんか当たりますねぇ」なんて言葉でのエステも追加。さらには鏡越しでの見つめ合いなど、心拍数が上がりっぱなしです。

そこからは四つん這いで、タマ方面をふやかされ、ワンワンだったのが生まれたての子羊に。

横向きになると、竿への当たりが激しくなってタラタラリン。

鏡に映しだされる自分の姿は目をそむけたくなるけど、Mチャンの手の動きが気になって気になって目が離せないです。

そして迎えたのが最終アトラクション。センターへギューッと圧をかけてきたり、サイドからなぎ倒してみたり。

両サイドを押さえながら真っ直ぐシゴキ上げてきたりと、多彩な技に悶絶です。

そして一息ついたのが終了3分前。基本的なマッサージ飛ばすことなく、メンエスもあってのナイスな流れ、充実の90分コースでした。

情報局ポイント

メンズエステ『ビューティアンドビースト(BEAUTY AND BEAST)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ