『グリーンスパ(Green Spa)』体験談その1。大阪長堀橋でもどかしさマックス

男の特性を巧みに操ろうとしてる

『グリーンスパ(Green Spa)』を利用した際の体験談です。

某公的施設に勤務する30歳の栗原です。

お堅い職場勤務だって、股間は熱くなるんですよ。たまには砕けたっていいじゃないってな感じでエステに行ってきました。

目指すは西の都大阪、お店は『グリーンスパ(Green Spa)』になります。

『グリーンスパ(Green Spa)』

大抵のお店が派手なHPで人目を誘おうとするのに、こちらのお店はその真逆。

ブログ系のHPに情報も必要最低限なものだけという、まさに秘密のお店って感じです。

たださりげなくイメージ画像ということなのですが、1枚何とも言えない画像がアップされてて、フフフフな予感めいたものもあります。

セラピストは少数精鋭なので予約は先走らないと難しい。電話もなかなか繋がらないので、メールでのやり取りが望ましいですかね。

大阪到着し、向かうのは長堀橋駅ってところ。日本橋駅や心斎橋駅から1駅という、アクセスには利便性の良い駅です。

難波駅からの徒歩で向かうのも悪くない選択肢です。長堀橋駅からマンションまではスグで、分かりやすいキレイ目の建物でした。

もちろんオートロックも完備されていて、メンズエステでよくある儀式もあります(無言解錠は少し戸惑いますが)。

そしてご挨拶へ。出て来たセラピストは丸みを帯びたスタイルのFさん。

服装は休日の部屋着にも思えるTシャツと短パンでやる気が見られない。「いらっしゃいませ」って言ってくれたから、どうやら部屋は間違ってないようです。

部屋はキレイなんですが、戸惑いを隠しきれない私。とりあえずお茶を頂いて、気持ちを納得させることにしました。

さっそく会計をすることに。特に割引はなく90分13,000円を渡します。

ずーっと気になってたのが、ハンガーにかかってる衣装。どうやらオプションで衣装チェンジとなるらしい。それでそのやる気のない恰好なのねと妙に納得。

ただ今更感が否めないので、今回は見送ることに。

予約時に衣装選択しておいて、それで出迎えてもらえるようにすれば、多少気分も乗ってくるかもと、勝手に想像です。

紙パンツの用意はあっても男のスルーを決意、もちろん何も言われなかったのでOKなのでしょう。

マッサージスタート。一応マッサージ店ぽく、疲れたところなどの確認作業をしてくれます。

「全身でーす」と軽く答えると、向こうも「ハイッ」と軽めのお返事です。手つきも軽やか、それだけにコリをほぐすには弱い。

下手に全身なんて言ったものだから、かなり長めのほぐしを続けてくれる。

「もうそろそろオイルに移りませんか」と何度心の中で叫んだことか。

ようやくオイル開始、展開が変わると気分も変わる。セラピの強さは変わりませんが、太ももなど密着するところはしてるので、そこそこ感触を楽しみながら。

メンエス的施術はカエル脚になってから、絶妙にど真ん中。

健全とエロの真ん中を我が道として歩む、強い意志を感じます。がそっち方面の気持ちよさは、あんまり押し寄せてこず。未だに獅子は眠ったままでした。

そして出し惜しみなく四つん這いコールへ、こちらは際どさをかなり意識した動き。

フェザーにお尻のラインを執拗に責めてくる。少し感じてしまうと、セラピの指先に躍動感が芽生えて、ボタン連打のような動き発動。

不覚にもちょっと声を出してしまったりして。そんなこんなで仰向けへ、デコルテ近辺をマッサージしながらお色気的刺激も。

それに釣られて私も参戦すると多少許してくれますが、早々に切り上げて足元へと移動する。ちょっと感じ悪いよね。

何かを諦めないといけない展開にガッカルしておりましたが、ラストはガッツリというより握ってくる。

ここを攻めればいいんでしょ、みたいな感じが伝わってきて刺激的なのに萎えてきます。

男の特性を巧みに操ろうとしてるんだろうけど、気分の高まりを意識してほしいよね。再訪問に関しては、ないかなぁ。

情報局ポイント

メンズエステ『グリーンスパ(Green Spa)』
セラピスト:Fさん

男の情報局オススメ度:★★☆☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ