『ほっこり癒し温』体験談その4。大阪長堀橋でのロリ可愛いおっぱいスタンプ

むぎゅぎゅな圧に幸せを感じます

『ほっこり癒し温』を利用した際の体験談です。

「大阪の夜ぅ~欲望の渦にぃ~負け犬たちがぁ~」と脳内リピートが現在のマイブームとなってる、40代の会社員の黒木です。

いや~ついこのメロディが流れちゃうんです(ポイントは思いっきりドスを利かせること)。

そして今夜も欲望の街へと繰り出した私。向かったのはメンズエステの『ほっこり癒し温』です。

 

『ほっこり癒し温』

 

何度か行ってるお店で、勝率や満足度はボチボチなんですが、アクセスの優位性と足りない思いを刺激する何か、そしてリーズナブルな設定などの理由によって、これまた行っちゃうんですねぇ~。

まずはホームページでお相手探しから。顔出し率なら大阪のメンズエステの中でもかなり上位なのかも。選びやすくも悩ましい時間です。

ココは思い切って、親子ほど年の差があるロリ系セラピに大冒険を敢行。予約時には変な汗がタラリと背筋を伝います。

プライベートなら完全に変態オヤジですからね。

さて向かうマンションは長堀エリア。長堀橋駅からすぐですが、私の場合は心斎橋から歩いて行く派かな。

到着して迎えてくれたのは20歳のAちゃんやっぱり若いですね。画像の修正具合もさほどなく感じ、可愛く思えました。

オッパイちゃんの方が中々のもんです。設備は相変わらずの仕様。「こんなもんですね、特に気にはなりませんが」と言うのが感想です。

オッサンと若い女性が個室で二人っきりと言う違和感に興奮しながら、軽めのイチャイチャでスキンシップ。まずますのノリの良さでいい感じです。

お支払いにプラスしてチップをはずんじゃおうかな、と気持ちはあるものの、安月給のサラリーマンには余裕がなく、きらきらキャンペーン90分、指名料込で12,000円払いました。

そうそう、このお店の注意点はバスルーム。お世辞も鳴りを潜める清潔感、熱湯消毒かましてルルルンと体を洗います。

紙パンツはナシ。オッサンの全裸が20歳の女の子の前で披露されるドキドキ感。罰ゲームじゃなくご褒美です。

幸いにも、マッサージ前のバスタオルオープン記念の時点で勃起していたので、オッサンだって元気なんだぞとアピールできました。

そこからはうつ伏せになりマッサージが始まります。

丁寧な感じではあるものの、上手いと言えるほどではない、気持ち良さも伝わりません。

まあ女の子に体を触ってもらっているという発想の転換が重要かと思われます。

そんなこんなで凌いで来れば、鼠径アプローチへ。最初のオッサンの全裸が警戒心を与えてしまったのか、浅くて浅くて堪らない。

体を揺すっても寄せても、浅いことに変わりがないのが悲しい現実。

私の動き方が感じているように見えたのか「気持ちいですか」とAちゃんです。

大人としてはガッカリさせてはいけないと「気持ちええなぁ~」と返すものの、心にもないことを言ったことでモチベーションが下がります。

でもポジティブな発言は人に対してプラスの感情を抱かせるもので、キワキワ度もアップして掠るようになりました。

背中の辺りからは会話も増えてきて、大人の包容力で聞き役を買って出ます。

おテテがお留守になりがちでも、Aちゃんと親密さが増せばいいのです。

仰向けではオッパイが接近。「もうちょっとかな」なんて要望を伝えたところ「こうですか」とむぎゅぎゅな圧に幸せを感じます。

スリスリ顔を動かすと、私の伸びてきたヒゲがジョリジョリすると、圧が終了。

この時ほど我がヒゲの濃さを恨んだことはありません。それから鼠蹊部もありました。

結構歩み寄ってきて触っている状態も多く、十分に勃起させてくれますが決め手には至らない。

このまま終わるのかなってところで、Aちゃんからの提案が。

提案を喜んで受け入れ、幸せへと導いてもらいました。

トータルのバランスがチグハグ。男の器量が成功へのキーとなる難しいお店なので、懐が寂しい時以外は控えようかな。

情報局ポイント

メンズエステ『ほっこり癒し温』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ