『完熟マンゴー』体験談その1。大阪京橋の熟女セラピスト専門店

最上級のメンズエステのフルコース

『完熟マンゴー』を利用した際の体験談です。

ハローエブリバディ、工場勤務の澤田です。

皆さん熟女は大好きですか?僕は大好きです。

とにかく熟女がいればゴハン3杯は軽くイケちゃいます。

そんな僕の普段の暮らしは、熟女が集まる職場である工場へ出勤。20代後半ですが、まだまだ若さをみせられるので、少しはチヤホヤされています。

でも色っぽいことは全くなし。こちらからモーションを掛けるも、簡単にあしらわれてしまう。そう、熟女は簡単なようで、意外と落とすのが困難な城なのです。

こうなったら、熟女からサービス精神をみせてくれるお店に向かうしかないと心に決め、休日を利用して大阪に遠征をしました。

風俗は何かと不安もあるので、メンズエステを目指すことに。あらゆるデータと勘を駆使して『完熟マンゴー』と言う、中々おいしそうな店名のお店にレッツゴーです。

 

『完熟マンゴー』

 

完熟と言うだけあって、セラピスト陣はかなりの熟れ頃。公式ブログのイラストも、年齢を感じさせられるものでした(いい感じ)。

ただセラピストの画像は若作り感があって、もしかすると熟女ではないのかもしれないなんて不安な面もあったのは事実。

しかし出会って納得、しっかり熟女でした(結構熟れてました)。

予約時の電話対応は男性スタッフが担当。シャイなのか無口なのか「ハイ」「大丈夫です」と端的な言葉だけ。なぜか僕が主導して会話を回していた気がします。

お店の場所は、大阪では熟女的な街とされているディープスポットの京橋。詳細はショートメールで知らされます。

スマホを持ってない僕としては、住所だけではちと不便。街行く熟女に訪ねると、親切にマンション前まで案内してくれました。

中々の人情派でずーっとしゃべりっぱなし。典型的な大阪のおばちゃんです。

マンションは古いかな、室内はそれなりにメンズエステ調になっていて特に問題なし。鏡も置いてありました。

何気にアンケート用紙や同意書的なものにサインを求められ、支払いもします。

シャワーを浴びるのですが、その前にセラピストがいる部屋の中で全裸になります。タオルで前を隠しながらバスルームへとご案内。見せるつもりはないものの、視線を感じたら見せざるを得ません。

シャワー後も、全裸で部屋に戻ってマッサージの開始。特に何も言われることはなかったです。

そうそう、担当セラピストの紹介を忘れるところでした。

名前はNさん。セクシー系の衣装が眩しい熟セラピ。多少ユルッてましたが、ブルンッとしたオッパイで何とかセーフです。

さすが熟セラピ、いきなりサービス全開。足裏に直に座ってのオイルマッサージからスタートです。

足裏の感触はかなりフニャラカ、足の指が秘部に埋まっていくくらい。底なし沼か、はたまたブラックホールの入り口なのか、ご想像にお任せします。

冒険者の僕は勇気を振り絞って足の指でノック。「アラ、指どうしました」とオトボケな返しが熟女的。

その動きを拒否するわけでもなく、ギュウっと押し当ててくるように制してくるあたりが、かなりのツワモノです。

キワキワ度は評価するのが馬鹿らしくなるくらいモロ。一応エステ&マッサージで距離を詰めてきますが、一度ボスに当たるとグイッと指を絡ませ、いつの間にかオイル塗れの手の中でグルングリン。

仰向けでは、おっぱいやスカートの中も楽しめるような態勢でマッサージ。最上級のメンズエステのフルコースが提供されました。

料金はブログ割が適応され、90分指名なしで12,000円。濃厚鼠蹊部や四つん這い、寛容度の高さなど、サービスの質を考えると全然悪くないと思いました。

相手が熟女と言うことで、無駄にカッコつける必要もなく、気軽にスッキリが楽しめるお店。リピートを続けて、もっと仲良くなってみようかな。

情報局ポイント

メンズエステ『完熟マンゴー』

セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ