『カラダ × トケル × SPA(カラダ トケル スパ)』体験談その1。大阪日本橋のセクシーボディ

持て余し気味のセクシーボディが急接近

『カラダ × トケル × SPA(カラダ トケル スパ)』を利用した際の体験談です。

どーも、大阪を中心にメンズエステを楽しむ道楽者(30歳でいまだにアルバイト)の田代です。

メンズエステ愛好家の諸先輩方の声に耳を傾けると、今はとても時代がよくなったらしく、満足度が高い確率で実現しているのだそう。昔はかなりいろいろな苦労があった模様です。

私は丁度その成長期と成熟期の間で楽しめているようなのです。

そんな御託は良いとして、この間向かったメンズエステは日本橋エリアにある『カラダ × トケル × SPA(カラダ トケル スパ)』。当方ここを利用する前、風邪でうなされていたので、その景気づけとして選びました。

 

『カラダ × トケル × SPA(カラダ トケル スパ)』

 

風邪のウイルスで体が溶けるのではなく、キレイなお姉さんの指先で体をトカシてほしい。そう思うのは罪なことでしょうか。

セラピストの確認をしてみると中々のキューティーガール揃い。しかも顔出ししている子や、セクシーアピールしている子たちも多く、テンション爆上げ状態。「誰にしようかな~」メンズエステのうれしい悩みに頭を痛めます(風邪がぶり返しそう)。

一応希望セラピストも決定したことだし予約電話へと移行。まあ問題なく完了しました。

場所の詳細はショートメール方式(大阪ではこのやり方が一般的)。部屋番号まで知らせてくれましたが、やっぱり直にいくのはどうかと思い突撃前に確認を取りました。

日本橋駅から歩いてすぐ。国立文楽劇場が目印です。

オートロックは無血開城ではなく無言解除。これは結構寂しく分かりづらいのでマイナスポイントかな。

部屋へと向かいインターホンプッシュ。ガチャリと開くとセラピストのお出迎え。なんとなくテンション低めで、アレッな感じが起きます。

でもそんな懸念はどこへやら。扉が閉まるとイチャイチャモードに大変身。「プッシュ―」と鼻息が急激に荒くなります。

そんなセラピストは超セクシーなプルルンボディのMチャン。どことなくグラビアアイドルの篠○愛チャンを連想させる雰囲気があります。

案内された部屋はとってもスタイリッシュでシック。これは男性が憧れを抱きそうな空間でしょう。

Mチャン曰く、VIPルームも用意しているらしく、プラス1000円でさらに上質な部屋が利用できるようです(興味はあるけど利用はしないかな、サービス内容が上がるなら別だけど)。

そんなこんなで支払い開始。新規割は10分プラスか1,000円の割引。選んだのは10分プラス。

「えっ何故かって」それは今回選んだのが90分コース。こちらのお店のメインコースらしく、指名料がかからないからです。

結果合計12,000円を支払いました。

ここで思わぬアクシデントが発生。それは紙パンツの着用を求められたこと。大阪では結構珍しいパターンにガックリ感は否めません。

もうこれはMチャンに掛けるしかない。そのボディで思う存分責め立ててくださいと、心の中で叫びます。

体を通して思いが伝わったのか、ほぐしの時点でほのかな柔らかさが。そりゃ当たるよね。わざとなのか偶然なのか、ちょっとした議論が頭の中で展開されるのでした。

さてオイル投入。まあ若いのでマッサージ技術は期待薄。それ以上でも以下でもない、想像通りの腕前です。

でもオイルとMチャンの感触が夢見心地へと導いてくれ、股間に力が入ってきます。

鏡でその様子を確認。いやいや、乙な景色ですな~。

メンズエステの摂理として、キワキワタイムが発生するのは必然。でも思ったほどではなく控え目。そのボディやお召し物とは相反する流れにう~ん。

さあ後半戦の仰向けへ。デコルテではノックアウト寸前の出来事が。持て余し気味のセクシーボディが急接近。しかしここが今回の最高のハイライトでした。

四つん這いなど深めの施術も最後に設けてはいるものの、決め手に欠けてしまったのは事実。値段通りのサービス内容といったところでしょうか。

もう少し長いコースや、通えばサービスのアップも期待できるのかもしれません。

リピートは半々くらいの気持ちです。

情報局ポイント

メンズエステ『カラダ × トケル × SPA(カラダ トケル スパ)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ