『ミセスもみじ』体験談その1。大阪日本橋で濃厚なエステをじっくり堪能

腕を使っての挟もうとしたりクロスする動きがスゲェ

『ミセスもみじ』を利用した際の体験談です。

この間、買い物に出掛けて驚いたことが、髪のセットを忘れてたこと。薄毛進行中の私にとってはかなり恥ずかしい状態です。

いやぁ参りましたよ。結局100円ショップのキャップでその場を凌いで事なきを得ましたが、秘密にしたい恥部が、かなりの人の目に晒されたことでしょう。

そんな日常な34歳・飲食店バイトの樋口です。でもメンズエステに限っては知ってもらいたい恥部もある。

ってことで大阪の『ミセスもみじ』へ。ガッツリ30代セラピストのお店。

『ミセスもみじ』

やっぱり披露したときのリアクションは、大人の女性の方がいいですからね。

予約した時は夜出勤が多かったみたい、仕事終わりにピッタリってことね。とりあえず、今会えるセラピでお願いしておきました。

ルームは2カ所所有、そして今回は日本橋ルームが割り当てられることに。日本橋駅からとっても近い、よく知られてるエリアのマンションでした。

よくよく考えるとエステ以外だとほとんどこの辺りに来ないかも、それも寂しいよね。

オートロックはチョイと嬉しい返事あり、ミセスは礼儀をわきまえてます。

部屋では出迎えの準備をしてたのか、ピンポンする前に開くような速さ(ピッ、ガチャ、ポーン)。

そこにはスレンダーなKさんが、若干の痩せすぎとは思いますが美人度は高いか。

女性が見せる近寄りがたき雰囲気があるものの、意外と人当たりが良くて話してみてもノリがいい。

イメージが好転するってのは2倍魅力的に感じるってことですね。部屋にはマットが敷かれてて、ソファがあって。

接客時は私だけがソファに座ってるのも寂しいんで、横にポンポンと誘ってみるとニコッと笑顔で腰かけてくれる。

一瞬パンチラらしきものが、すぐに手を添える辺りはさすがの嗜みですか。お茶も出してくれるので、このままでも過ごせそうな雰囲気も。

「マッサージの時間なくなりますよ」でサクッと支払い。90分コースが割引ありで12,000円と、一般的な相場。

見当たらない紙ショーツ。聞く必要はないって知ってても、このやり取りが好きなんです。

「紙ショーツは?」「穿かなくてもOK」。シャワーを浴びて、恥部を包むものは皮だけとなりマットへ寝ます。

男の体を知り尽くしてくかのような指圧とストレッチ。いい感じでほぐされていくカラダ。ただタオルの上からをイイことに、お尻周辺はかなりだったので一箇所だけは逆にカッチカチやで~。

オイルはふくらはぎから。指先をしっかり使って流れを意識するような、正統派なオイルマッサ。

太ももまで来ると外へ内へと違ったアプローチを見せてくれますが、アレレそっち行っちゃうのって思いが強いかな。

そしてようやくカエル脚となり、何故かホッとしてしまう鼠径マッサ。深ければ深いほど「ホッ」も深くなるのはエステ慣れしすぎてるのかも。

しかしボールにはよく触れてくるけどバットは数えるほど。しかも意表を突いた一瞬なので味わうって程じゃない。

頭上に気配を感じると首、肩、デコルテを。視線が合ってるようで合わせられない照れた時間、どちらからも言及できない甘酸っぱさがある。

お腹の方へ伸び行くKさん、ここは瞬きだけが敵。パシャパシャと何度となくシャッターを切ったことか。

不覚だったのが腕の位置、お触りできないような気をつけでしたから。まあでも寛容度は低かったので、逆にあの場面はアレが正解だったのでしょう。

そうしている内に終盤の鼠径部が開始されます。手業優勢、腕を使っての挟もうとしたりクロスする動きがスゲェ。

私、訴える光線を出し続けると、それに気づいたKさん「ンッ」いじわる~。の後はしっかりウフフンでした。

こんな感じの90分、良い年頃の女性が好みなら堪らんと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセスもみじ』
セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ