『パンドラ(PANDORA)』体験談その1。大阪堺筋本町での意外なギャップ

豊かなオッパイがお尻や太ももにムニュムニュ密着

『パンドラ(PANDORA)』を利用した際の体験談です。

どうも、大阪市内でサラリーマンを健気に続けている30代の武井です。

何かとストレスが溜まりやすいのがサラリーマンの世界。そんなことから、若いころは向う見ずに行き着くところまでストレスを発散していたものです。

しかしその跳ねっ返りが、思いのほか大きいことを学んだここ数年。そこそこのストレス発散へと導いてくれる、メンズエステにどっぷりつかっております。

ただね、お店選びでは冒険したい年頃。そんな中、冒険心をくすぐる、イヤ試されているのかと思うような『パンドラ(PANDORA)』と言うお店を見つけてしまいました。

 

『パンドラ(PANDORA)』

 

掲示板などでは情報が錯そうしており、掴みどころがまるでない。ただここで引いてしまってはメンエスハンター(自称)の名が廃るということで電話をかけました。

勝手に構えてしまっていた私、しかし至って普通の電話対応が妙に安心感を与えてくれる。

「ウワサって尾ひれがつくからね」と、これまで抱いていた先入観がホロリ取り払われました。

予約後にショートメールで住所が伝えられ、いざ堺筋本町へ。

高速道路が何重にも重なる、農人橋の交差点が目印です。マンションを発見し、オートロックプッシュ。挨拶もあり、中々出来るお店です。

エレベーターで向かった部屋でもプッシュ、待ち構えてていてくれたようにすぐにドアオープンでした。

さあそこに立っていたセラピストは、なるほどモッチリなIさん。プロフ写真とは違って、フェロモン系ではないカワイイ系かな。

スタイルはフェロモンムンムン&無防備な露出感があってグッドです。

モッチリ体型もどこか愛嬌を感じで、そのボリューム嫌じゃありません。

部屋の感じはシンプルでおしゃれ。ボキャブラリーが無いのですが、シンプルにしていればおしゃれに感じるという典型でしょうか。

まずすることは料金の支払い。初回限定のキャンペーンと言う心強い2,000円オフ、90分コースが指名料合わせて12,000円でOKでした(値段的には丁度いい)。

オプションやプレミアムコースなども進められましたが、まずは基本コースを確認したいとして丁重にお断りです。

そしてシャワールームと部屋の往復を終え、ノーパンのままマッサージに取り掛かります。

マッサージの方は、やる気が減少しちゃったのかなと言うくらいソフティー。

よくあるタオルのシワ伸ばし、電源の入ってないアイロン掛けのような時間です。

さらに追い打ちをかけるように「力加減どうですか」。「なんで今それを聞くのか」、どう答えるべきか。タラリと発汗(温まりましたと)したのを伝えることで凌ぐことができました。

オイルに入ってからもソフティー、オイルの感触で救われているものの、弱さが暴走している。

せっかくのモッチリ感が台無し、もっとマッサージやエステ技術を身に着ければ化ける可能性があるのにと残念に思います。

レクチャーしてもいいのだけど、気分を害されるとこちらもどうしていいかわからない。波風立てないサラリーマン根性が衝動をストッピングです。

ただメンエス歴はそれなりにあるらしく、キワキワ度はナイスな具合。

豊かなオッパイがお尻や太ももにムニュムニュ密着しながら、鼠蹊部を包みこむようなアプローチにビンビン。

何だろうこのメンエスの流れは。鼠蹊部のように、他の部分ももっと力強くなればいいのにとつくづく感じます。

背中なども結構密着系があってムニュリ堪能系。息切れか興奮なのか、Iさん「ハァハァ」しています。

仰向けでは安定のスケベマッサ。少々面白味にかけると言えばそれまでですが、玉はギュンと持ち上がり、竿は喜びを隠し切れません。

爪痕とばかりにおさわりにも挑戦。ちょっと逃げ腰な微妙な寛容度になりました。

評価は暫定的基準点、したがってリピートは気分と資金的余裕に委ねられることになります。

情報局ポイント

メンズエステ『パンドラ(PANDORA)』

セラピスト:Iさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ