『クオリティ(Quality)』体験談その2。大阪梅田の丁寧な鼠径部マッサ

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール
オススメのお店ーミセスサラ

 

 

 

仰向けでは結構エロティックな動き

『クオリティ(Quality)』を利用した際の体験談です。

この頃ようやくブラックの味わい方を知り始めた、30代前半の営業マンの後藤です。

これで少しはお子ちゃまから卒業できたのかなと感じています。そして、もうひとつの大人のたしなみは、オイル色めくエステティックの世界。

もっぱらピンキーカラー寄りのエステを期待してのことなんですがね。

最近お邪魔してきたのが『クオリティ(Quality)』という大阪市内のお店。

『クオリティ(Quality)』

大阪のメンズエステの中では比較的おとなしい雰囲気で営業しているのかな。

なので一見素通りしてしまいそうなんですが、ふと立ち止まってブログを覗いた時、僕の心にビビッと響いちゃったんですね。

特別なスケベさはないものの、さりげなく奥ゆかしく男性に訴えかけてきている。そんなブログの画像にやられました。

出勤セラピはそれほど多くないので、勝負は午前中に決まりそうってことで、仕事の合間を縫ってプルルルル。

電話の声は熟年女性の落ち着いた口調、熟女は大好きな僕の興奮度が上がってきます。

仕事終わりに向かうのは梅田エリア。この時間帯の車でのアプローチは渋滞というリスクが付いて回るため、鉄道と歩きが基本でしょう。

最寄駅は東梅田駅をはじめ、北新地駅や大阪駅などが、徒歩にして5分から10分を見ていればいいのかな。

マンションがあるエリアは閑散としており、人通りもまばら。建物の近くで確認を取ってから入店するのがルールです。

すこしレトロではありますが、ワンルームってことで帳消し。迎えてくれたセラピストはAさんです。

僕の好きなショートカットお姉さん、紹介文通りに知的で上品な雰囲気がありました。

それだけにエステ服のスカートの丈が短かったのは嬉しい部分。意外と太ももがムッチリしていて色っぽいんです(しかも見えそう)。

テーブルのそばに座るとおしぼりとお茶を用意してくれる。軽い会話の流れでお支払い、新規1,000円オフによって90分コースが11,000円でした。

シャワールームは不快になる汚れ等はなく、清潔感を感じる空間。ボディーソープも液だれダラダラでなく使いやすかったです。

紙パンツは「穿かなくていいです」て言葉をもらってたので、タオルを巻くだけ。

そしてマットへとうつ伏せに寝ころびます。はじめは適度な指圧から、「オッ」と思うのがお尻の上に跨ってきてくれたこと。

Aさんと僕とのヒップがくっついたり離れたりするのにドキドキ。上からの圧により、マットに押し付けられる刺激も手伝って、ここでしっかり勃起してました。

その後は特に密着はなく、健全な指圧が終わりオイルマッサへ。

「足裏どうしますか」との確認、ツルツルするので敬遠する人も多い模様。

僕も流れに乗っかってナシを選んで、ふくらはぎから開始です。

今度はかかとの上に乗っかってくるAさん、お尻とは違って突起になってますよね。

擦れてるような動きがあるも、Aさん自体はそこまで意識してない様子で僕に話しかけてきてくれます。僕自身は神経はそっちに行ってしまってますが。

健全さもありながら鏡を確認すると、そこそこ太ももの主張が強くなってて、気分的にこれからの展開にワクワク感が芽生えます。

そうこうしていると、カエル脚コールからの鼠蹊部マッサ。

かなーり際どい、玉の周辺から竿の根元は常になぞってくれている感じ。

時々竿の先っぽにも指が伸びてきてビクッて。その都度覗き込んでくるしぐさがちょっといい感じ。

頭上からの肩揉みは、スカートの丈の恩恵を受けやすくなってて、今度はこっちから覗いちゃおう。

仰向けでは結構エロティックな動きで、下腹部から鼠蹊部を大局的に。しっかり擦れているんだけど至らず残念。

なさそうだったけど、いい線まではイケたので通っていくうちにもしかするとって感じ。リピしてもいいかな。

情報局ポイント

メンズエステ『クオリティ(Quality)』
セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー