『キュアリー(Quary)』体験談その1。大阪日本橋の言葉では言えない極上感

私の心もトロトロです

『キュアリー(Quary)』を利用した際の体験談です。

お気に入りのアウターのファスナーが壊れた、こういう何げないことが本当に困りもの(お気に入りだし)。

自分で直すか業者にお願いするかで迷っている、福祉系の職場で働く32歳の平井です。

そんなファスナーが壊れた日、実はメンズエステに行ってたのはココだけの話。

予約を取って、日本橋のマンションへ向かってる最中に気付いたんですよね。

アレッ上がらないぞって。お店は『キュアリー(Quary)』ってところ。おもてなしの心を意識しているとのことです。

『キュアリー(Quary)』

セラピストの年齢はプロフ欄には乗ってないという珍しいケース。みなさん20代に見えるんですけど、そこはファンタジーを絡ませておきたいってことなのでしょう。

それとセラピは各々でツイッターをやってて、そこでセクシーカットや近況情報などを発信してる。

それとお客とのメッセージのやり取りなども行ってるので、距離が近く感じられて好感が持てます。

これが私にとっては利用する決め手になったところです。

その分、ちょっぴり予約に対してのハードルが高いって難所も残ってますが、その方が私的には燃えたりして。

先ほどの通り、場所は日本橋(日本橋駅から数分)。いつか別の店で利用したことがあるワンルームマンションです。

室内もキレイで、おもてなし感が出ている。テーブル、ソファー、鏡を配置した構図。目玉は広くて十分な厚みのあるマットかな。

タオルの具合も清潔感があってよろしい。インターフォンを押して、ガチャっとドア開きます。

出ましたセクシー美女。色気先行型には珍しく、爽やかな印象も受けるからタチが悪い。

私、一瞬のうちに虜になってしまいます。ひれ伏してお姉様~って叫んでしまいそう。

お相手は教えたくないけど、せっかくなんで教えちゃう。スレンダーボディなAさんです。

ソファーに案内されるや否や、お金の話。120分コースが16,000円ですね。

ちなみに手軽に済ませたいと60分コースでは入るのは危険、鼠蹊部非対応コースとなるようです。

受付はこれにて終了。シャワーを浴びるまでに、所要時間3分くらいとF1的案内スピードです。

接客態度はとても丁寧なのでご安心を。そしてマットに寝てほぐしです。かなりしっかり揉み解してくれます。

背中も肩まわりから左右のパートに分けて、グイーッと筋を伸ばすような動作も入れながら、結構本格的です。

お尻の時にはセンターを撫でるようなしぐさを見せるなど、遊び心も入れてくる。タオルの上からとはいえ、オイルになればどうなるのかなと楽しみが増えます。

さてオイル開始。ふくらはぎや太ももなど、ツボ押し、リンパ流しを重要視している手つき。

色気があっての、しっかりした手つきって変に興奮しちゃいますね。鏡の中の姿も良いですし。

カエル脚ではサポートしてくれるので、つい大きく広げてしまうことに。「広げ過ぎです」なんて言われながら、下心を見透かされるのもたまにはいいよね。

太ももの内側から鼠径に向けて、鼠径を両側から交互に。鼠径から少しお腹の方へ指を入れてきて。

お腹まで伸びると立ち具合を確認するかのように、竿の先端部分を指先でイロイロです。

続いて「四つん這いしましょうか」。その後「横向きになってください」となり、鼠径エリアはオイル塗れに。私の心もトロトロです。

仰向けになると「どんな感じが好きですか」って問いかけが。リクエスト的なものもある程度聞き入れてくれる模様です。

オーソドックスかもですが、頭上からのマッサージ希望。これが私好きかも。

パンチラが楽しめたり接近戦が楽しめたり、もちろん鼠径への刺激もあるから(すべてが揃ってる)。

次第に寛容さも見せ始めるAさんとの甘い時間も終わりが近づく。そして最後は体を起こして、後ろからの密着鼠径をしてもらいました。

普段経験することが少ないので、抱きしめられながらの鼠径は、言葉では言えないほどの気持ちよさがありました。

帰り際の会話では「これで良かったですか」って。求めればもっと何かが起こりそうな物言いに、リピの可能性が一気に上がるのでした。

情報局ポイント

メンズエステ『キュアリー(Quary)』
セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★★

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ