『リラシア(Re:Lashia)』体験談。大阪日本橋の可愛くてボディもナイスグラマラスな正統派揉みほぐしセラピスト。

浅い箇所では指圧系、深い箇所ではフェザー系と確かな腕前。

市内でラブホテルの清掃員をしている40代のサカガミです。部屋の稼働率が高くてありがたい、おかげで時給もアップですよ。でも本音はウラヤマですけど。そしてリフレッシュを兼ねてマッサージでも。安くて良さそうな『リラシア(Re:Lashia)』に予約電話です。

店員はオジサン、話しやすくていい人です。女の子は最短で行ける子をお願いしておき、いざ日本橋ルームへ。日本橋駅からは5分くらいで行けるとこ、マンションは経年劣化が起こり始めそうな状況です。

でも内部は綺麗に片付けられていると思えたかな、もしかすると掃除仕立てだからかもしれないですが。女の子が出て来たときには、予想以上に可愛くてビックリポン。それに加えてボディもナイスグラマラスで最高と来たもんだ。

すでにパンチラ気味の衣装もそそられっぱなしで、顔が緩みきってしまってたかも。担当セラピストは「Mちゃん(24)」です。Mちゃんが言ってたのは私の目がキラキラしてるとのこと、ギラギラをソフトに捉えてくれてありがとさん。

性格も可愛げが接客態度は自然体でフレンドリー。ええとですね。接客は簡潔に行なわれますが、注意事項としてオプション確認をサラッと「はい」か「いいえ」の選択制。特に強制的ではないのに、絶対に「いいえ」を選んではイケナイ気がする。

結果プラス2,000円のデドックスを付けて総額100分14,000円、10分のオマケがあるのでこれで納得。有無の確認を忘れたため紙パンツを穿いておくことにします。40歳を越えたらなるべく紳士的じゃないと。

うつ伏せで寝てから、タオルを掛けてのドライマッサージ。力は少し弱いけど、正統派な揉みほぐしであるのは分かります。上手く表現できないけど、細かな箇所をほぐしてくれたり「ここツラそうですね」なんて会話が発生したり、レディエステのセラピをしてた模様。

その情報を耳に入れてのオイルマッサージは、必然的にハードルが上がります。だけど、技術で越えてくるのはやりますね。跨っては来ずメンズエステ的とは言い難いけど、太ももをピタッと横から密着させてくるのは良かったです。

軽く後ろを向くスカートの中が結構見えてます。逆の脚だと鏡を利用して覗いてました。パンチラ要素は初めから高かったと思います。そして股の間をエステ、経験者はエロを抑える傾向にあります。いい所を突いてくるのかってところで、軽やかに距離が出る。

続いてのポーズは脚曲げスタイル、鼠蹊部をマッサージしてくれます。深さに応じて指使いに変化が出るのは、さすがといっていいかも。浅い箇所では指圧系、深い箇所ではフェザー系、秒だったけどもう一歩深みへもあって若干強引に押し込まれると指にいろいろ掛かってホフッオフッ。

背中では普通にエステサロン、メンズを求めると退屈。しかし腕前は確かなので、そっちに全振りすれば良い気持ちでいられるかな。勃起は治まってしまうけれど。仰向けが始まると目の前でオッパイが揺れる。

当たっちゃう、あと数センチ、胸元から洩れてくる体温、男には熱風と同等だね。しかし当てようとする気配が無く、睨めっこ状態。頭とおでこにはフンワリが少々あったけど、待ちぼうけを食らってしまってシマッタ。

足もとから、改めて見る谷間が恨めしい。ここでお触りしようというミッションを自分に課してました。最大のチャンスは仰向けの脚曲げ時に、時間もまだあるはずなのでここで成功すればさらなる飛躍も望めそう。

覚悟を決め手を「あっちょっと」「いやいや、ダメです」断り方は超クールで絶望すら覚えてしまうのですが、ホワイトな言葉でお預けを示唆。その後始まった鼠蹊部ではお約束のシコシコにお触りも付けて、感触自体はもっと押しても良かった風だったような。

ってことで後味が良かったのでもう一回いってみよ。

情報局ポイント

メンズエステ:『リラシア(Re:Lashia)』
セラピスト: Mさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

 

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です