『サロン・ド・フワール(salon de fuwalu)』体験談その2。大阪長堀橋のエロギャルセラピスト

股から覗くパンチラショットに思わずフルボリューム

ゲーマー発動、久々にコントローラーを握ったスーパー勤務の43歳金田です。

最近のゲームはグラフィックが格段に綺麗、しかもかなりの情報量。老眼の気配漂う瞳には負荷が強いかも、おかげでいつも瞼がピクピクしております。

でもそんなことはメンエスには全く関係なし、目を閉じてオイルの感触に浸れば良いだけだから。疲れ解消の意味も込めて日本橋の『サロン・ド・フワール(salon de fuwalu)』へ。

ここは深夜帯のセラピ出動率が高いので、仕事が遅くなっても利用しやすいってメリットがあります。しかもかなり年齢層もかなり若い、私の半分くらいがほとんどです。

電話をすると軽い感じの男性スタッフ、なので私も軽い言葉使いで、そんなこんなの予約です。アクセスは日本橋駅から東へ5分、マンションはまずまずな感じのワンルーム系。

通常のエステルームの趣でマットはかなり使い込まれている寝心地でした。掃除の行き届き具合は男の部屋を連想させるもの、もう少し頑張ればいいのにと思ってしまいます。

そしてセラピストはエロギャルなNさん綿素材のワンピは体の線を柔らかに見せてくれています。また性格は見た目と違って意外と気真面目な一面も、自覚が芽生える年頃なのでしょうかね。

会話は普通にできますが、若干盛り上がりには欠けるような。もっと若い子の文化を勉強せねばと思います。

会計は手短に新規割とキャンペーンにあやかって、90分が10,000円に。もしもアレしたいならOPが必須ですよとのこと、2,000円追加してディープデトックスも総額12,000円で決着です。

そしてシャワー、紙パンツは穿かずに開始となります。解しも一応あるみたい、それ相応に強く圧せてるのではないかな。ギャル的セラピにありがちな揉んでるのか撫でてるのか分からないようなものではなく、一定レベルの技術は要しているかな。

10分くらい揉みほぐした後でようやくオイルへ、トリートメントレベルも標準で施術内容も保守的に感じます。足を少し開くよう指示が入るとキワキワへ指が伸びてきました。中々グイグイといいところを触ってくれます。

オイルも追加してニュルッニュルさせられます。割れ目に両手を入れて上下・上下。そしてカエル脚、でもカエル脚になってと言うセラピはあんまりいないよね、ふと思ってみた。

オイルをたっぷり含ませた手は鼠径部を容易に超えてくる。もうひと伸び、あとひと伸びと言ってる間に逆サイドまで手が突き抜けていたのは笑い話。

サワッと手を沿えるように、ここでも上下のエステ、ここは自分でもビンビンになってる感覚が強かったです。またセラピもカタさを確かめてるような触り方でした。

「四つん這いになってください」ここはセラピもメンズも共通語、絵図としてはお尻を突き上げ頭はマットにくっつけて。股から覗くとM字のセラピが良く見えるパンチラショットに思わずフルボリュームのアソコ。

お尻を大きく揉みながら下腹部や鼠径部へ、経過とともにアソコに指が絡まりだす。指に挟まれ指の股で、それなりのテクニシャンであります。

背中のマッサージ、跨りと頭上からを交えて、視覚的には楽しめるかな。後半戦が始まると、足先から太もも、カエル。
この辺りでは刺激にも慣れてしまって、鼠蹊部を撫でられただけでは無反応です。

お互い少し焦りがあったかな、打開案のタッチを求めてみる。厳しくもヒップくらいならと、これ以上はエステそのものに影響しそうなので自重しつつ仕上げに任してみました。

手が添えられる、持ち上げられる握られる。ウウッ、まあまあこういう感じかな。マッサは普通でもキワはかなり多めでアグレッシブ、責任を持って仕事もこなしてくれます。

損をした気分にはなりませんが、どうだろう評価が分かれるところですね。

情報局ポイント

メンズエステ:『サロン・ド・フワール(salon de fuwalu)』
セラピスト: Nさん

男のお得情報局お勧め度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です