『ラップスパ(WRAPSPA)』体験談その1。大阪谷九の不満足なペタペタ

オイルも同様にペタペタ

『ラップスパ(WRAPSPA)』を利用した際の体験談です。

知らない内に薄毛が進行してしまっている、40歳の某レンタルショップの川端です。

思っていたほどってのがショックで、照明の加減でバーコードみたいに見えてしまうことも。

これまで以上に抗うべきか、もう諦めて抗わざるべきか、「う~ん」と悩んで答えを出す前にメンズエステに行ってきました。

お店は大阪市内の谷町九丁目方面にある『ラップスパ(WRAPSPA)』です。

『ラップスパ(WRAPSPA)』

基本20代前半のセラピで固められており、若さを求める男子にはもってこい。

しかもプロフの趣味の欄にはAV鑑賞って記載されていたり、サラッと画像でのセクシーアピールも強めで、想像を超える何かがありそう。

その何かを起こすためまずは行動です。男性スタッフの対応により予約完了、グラマー系をリクエストしておきました。

なお予約はショートメールやラインでもOK、電話の繋がらない時などはコッチが良いかもね。

気になる一文が、予約完了後のキャンセルや変更が出来ないってとこ。もしキャンセルすればどうなるのか、怖ぇぇ。

ショートメールの住所を頼りにマンションへ。最寄駅の谷町九丁目駅の3番出口を出れば、もう目的地へのカウントダウンは始まっています。

時間を潰すところが少ないので要注意、まあホテル街散策ってのもいいかもね。

マンションはキレイな建物で、室内もバスルームも良好。広くはなかったですが贅沢な空間だと思います。

今回のセラピストはSさんです。

ハッキリ言ってタイプではない、ギャル崩れの「うう~ん」なルックスに(やっちまった)。

こっちの要望が伝わっていたのかなと思う、スリムで凹凸の少ないボディにもガックシ。

顔じゃないんだよ、ボディなんだよ重要なのは。そのどちらも満たしてない苦悩を抱えつつ、女性であることをポジティブに捉えることにしました。

淡々とした接客で瞬時に支払いまで、お金を用意している最中にシャワーの準備を始めるセラピ。

帰ってきたところで90分12,000円とホイップオプション3,000円、合計15,000円を手渡します。

そうそう、こちらのお店の売りらしいのがホイップOP、鼠蹊部が集中的に繰り出されるようです。

体を洗ってマットにうつ伏せ、マッサージのスタートです。一応頑張ってくれてるのかなと思うマッサージ、でも見よう見まねと言うかなんというか、凝っている部分にはちょいと遠いかな。

オイルも同様にペタペタ、ホントにハケで塗っているかのようなアプローチ。

ふくらはぎから太ももまで一瞬で到達、しかしキワへは中々来ず、しばらくは単調なペタペタに悩まされました。

キワの深さも思ったほどではなく、遠さを感じるもの。

単調さもそのままなので、どうにも気分が高まらずにハーフ勃起が精一杯。

イレギュラーな掠りをもとに、演技交じりの反応でセラピを煽ってみると、すこーしポジティブな流れが生まれましたがそれまで。

四つん這いでは割れ目のラインをフェザータッチで触ってくれます。悪くないタッチなのにセンターを外しているのが、もどかしい。

お尻を動かし、必死に寄せる努力も虚しく空回り四つん這い。肘と膝にダメージが残る結果に(恥ずかしかったのが、勃起してないのに先っぽから透明な汁が流れ落ちたこと)。

仰向けでは一発逆転を狙ってオサワリでセラピのご機嫌伺い。一体どっちの感情なんだいって反応、こりゃオサワリに対する良い防御だね。

ラストはホイップで鼠蹊部を。しばし用意に時間を割いて、どたばたホイップ開始。

モッコリ部分にモッコリ乗せてマッサージ、まあいわゆるコキコキエステになりますね。

泡の滑らかさですごくスムーズにピストンするハンド。

しかし摩擦が弱くて私好みじゃなく、次第に萎んでいきギブアップ。なんか高い勉強代になっちゃったね。

情報局ポイント

メンズエステ『ラップスパ(WRAPSPA)』
セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★☆☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ