『アロマアンティール(Antille)』体験談。東京池袋の肩紐の細さが頼りなくてすごく色っぽい話し方がとてもチャーミングでいい感じの女の子。

フェアウェイからラフに突入、もう止まらないザ・ディープ、小刻みな喘ぎ声とオイルのBGMだけの時間。

不動産系従者の40代、リョウタです。マッサージなら何でも大好き、NGは男性セラピストですっ。池袋の『アロマアンティール(Antille)』へ訪問。

タマタマ予約が取れたというのは色気がないので、リピーターとして候補のひとつであったことを主張します。でも出勤セラピは多い方ではないと思うので、神様からのお恵みにありがたみを感じております。

電話での対応も丁寧なので、気になる場合は問い合わせだけでもする価値はあり。アクセスのおさらい、池袋駅東口から少し遠くて10分くらいは要します。初訪問時はもう少し余裕を持たないと、駆け足の人になってしまうかもしれません。

ドラマチックに訪問したいなら、それはそれでいいかも。複雑な交差点の傍らに建つコンビニ、そこから到着の吉報を送ります。訪問先のルームはワンルームではありません。でも広めなのでゆったりできます。

その時は他の客も居らず、貸し切り状態で利用でき贅沢な気分です。セラピストは若くて可愛い「Yちゃん」。話し方がとてもチャーミングでいい感じの女の子です。スタイルは体幹がしっかりしていて女性的、PはEくらいと教えて貰いました。

そしておなじみのユニフォーム、これが好きなんだな。肩紐の細さが頼りなくてすごく色っぽい、背中のラインも綺麗に見えて、思わず抱きしめたくなる。イケない虫が騒ぎ出す前に、消毒と会計とシャワーをしましょうね。

冬割中で120分コースが17,000円でOK、都内のエステとしては安いですね。シャワーへの案内、その合間の会話などもYちゃんの出来たホスピタリティ精神が感じられます。

洗ってくれちゃう?一緒に入っちゃおうか⁉そんなスケベオヤジ的邪推心が削ぎ落ちていくんですね。紙PはオーソドックスなTバック。Yちゃんがこれを穿けと、まさかポロ珍見たさに。言われたとおりにしちゃうけどね。

部屋に戻って始まります。カーペットはフカフカ、その上のマットもフカフカ。指圧とストレッチがそこに加わると、自然と眠りに誘われてしまう。適度な圧、危ないのが語り口調、まるで子守唄のように瞼に襲い掛かって・・ぐぅぐぅ。

オイルの前に声掛けがあるので、そこで目覚めつつ、足裏で感触の確認。跨ってのトリートメントです。技術面では申し分なし、密着部分も良きかな。指を動かしたりすると、腰を浮かして(怒)ですが、またすぐに定位置に。結局好きなんじゃん。

カエル脚、初めオイルを塗る時は少し色っぽくアプローチ。されどリンパ流しを意識しているガッツリマッサージ。際キワとなると紙Pキワが表現としては適当。しかし揺さぶられるので紙Pの中で勃起、腰ひもへ亀頭が引っかかってます。

そして四つん這いでは、配慮にあやかり解放宣言。オイル多めでダブルハンド。指はガシッと捉えてきますし巾着には揉みごたえあり。照明に反射するオイル塗れのYさんの手、鏡に映る男根シルエット、密着部分の肌など、すべてが栄養です。

仰向けになるとデコルテマッサです。首筋から鎖骨リンパ、胸と乳首少々。そして足元移動となり、ストレッチから押し当てるような密着多数。足の甲に跨ったり、太ももには跨りながら挟み込みと、かなり積極的です。

鼠蹊部へのアプローチも45度の範囲から大幅に拡大、横にも進路を取ってくるので、巻き込まれる愚息はただ固く強靭に。再びダブルハンドで鼠蹊部をマッサージしてくれます。オイル追加でディープリンパらしい施術。

紙Pはお休みしてもらってるので四つん這いより全英オープンな状況。フェアウェイからラフに突入、もう止まらないザ・ディープ、小刻みな喘ぎ声とオイルのBGMだけの時間。夢中になってしまったんだって。

Yちゃんのそんなところが好きになりました。無駄に気負わずに利用できるガッツリ硬派なエステですね。

情報局ポイント

メンズエステ:『アロマアンティール(Antille)
セラピスト: Yさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です