『リンクス(Lynx)』体験談。東京池袋のカワイイお顔とオッパイ強め小柄でEな奇跡ルックスの女の子。

グリグリ、四股擦り、ハレハレ、ホレホレ、もう限界。

ステイホームは苦手じゃない、むしろ好き。いや今までもそうだった忘れてた。あんまり生活パターンが変わってなかったエヘヘ。こういう人、一定数居るんじゃないですか。実家でお世話になってる、現在求職中の39歳です。

そんな身分でメンズエステなんて、なんたる反社的行為なんだ、なーんて言わないで。ご無沙汰ちゃんが長引けば免疫力だって落ちるんだぞ。正午の太陽に照らされ、爽快な晴天の中、飛沫防御のマスクで出勤してきたのが『リンクス(Lynx)』です。

好むわ~、ここまでズキュン喰らわされるセラピスターが集まってるなんて。あり得ていいんですか、こんなお店が。店舗多く数カ所、稼働しているところがあったり、してないところがあったりというのが、現在の世の中を反映していますね。

私の就職とウイルス終息をここに祈りましょう。今回は池袋ルーム、池袋駅北口から進んで5分、案内入れて8分ってとこ。道のりは割と簡単、商店街経由で行けるってのも強みかな。場所の雰囲気も少しずつ落ち着いて来てるし。

ピンポン押すけどお邪魔虫と言わないで「ハイ」と開門。「Nさん」が担当してくれるようです。大きくシャープな眼、プクッとした唇、そして全体的に柔らかいという奇跡のルックス。

まだまだ起こり得るボディへの連鎖、そんな顔してオッパイ強め小柄でEは、支配者のボリュームでしょう。出会ったときから見つめて来るんだよね。玄関先のドタバタの時は良いんだけど、部屋で着席した後にその瞳、体中が赤面するんだぞ。

そんなこと知ってか知らずか、やめないってもしかのS。「そうかもしれません」いやはや言っちゃってるよ。部屋はまあ綺麗な方なのでヨシとすべきところ。エロはないですよ的な確認もし終わり、サービスを受けるための魔法のチケット、諭吉と漱石の組み合わせを渡します。

まんぷくコース16,000円です。他に鼠蹊部オンリーのコースもあるようだけど、割引もあったので今回はこれに落ち着きました。シャワーを浴び終え、スタートです。背面のマッサージから、腕前は普通。

男性の体のことは知ってる、そんな触り方は伝わってきました。オイルは垂らし気味、そうすると滑ります。必然的にロングストロークに、太腿とお尻にの境まで指先が覗く形にピクリッ。隙を見せると、途端に連続攻撃、積極性アリとチェックしておきましょう。

股を開いて、オイッすニュルニュル。腕技が冴えわたります。脚を曲げればやりたい放題に鼠蹊部塗れ。まどろっこしいのは無し、かといって直接的ってことでもないのですが、かなぁり的を得たポイントに激突。

ふんどしタイプの紙パンツを使いこなしております。感じさせてる実感があるのか、言葉使いも次第に淫に入るようになって、恥ずかしい性癖を聞きだされてしまった。カスタム仕様の横向き施術、密着感をどこで感じるか。

固め技なので抱かれてる感覚。段々満員電車で痴女に絡まれてる気分にもなってきます。四つん這いも感じずにはいられないことが多くて難義します。支えてもらわないと体勢すらママならない、西山さんのアレが原因なんですけどね。

当たり前のように仰向けです。脚から始まるパターン、ここは施術というものを俯瞰して見てられたかな。見れば、まだまだ可愛い少女です。って舐めてたらアカン。ここから鳴かされることになるんですから。キワキワを恥ずかしい体勢で。

グリグリ、四股擦り、ハレハレ、ホレホレ、もう限界。誤爆の準備をこっちもするわけですが、アーン刺激が遠ざかる。ここで添い寝の体勢になると、分かってるようにエロい顔をし始めるのに、のにぃー。

「また今度ね」の顔アップで誤魔化されてしまったようです。18号とクリリンの関係になってしまいそう。

情報局ポイント

メンズエステ:『リンクス(Lynx)
セラピスト:Nさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です