『ミスバニー(Miss Bunny)』体験談。東京茅場町のアイドルが年輪を重ねてビルドアップした存在感のオトナキレカワ系セラピスト。

胸や肩を揉むために騎乗、いつの間にかハグしてます。

 
機械系のリースが主軸の会社勤めで数十年、位は上から数えた方が早いです(おかげさまで)。40も後半なんだから順番ですね。年功序列の傾向が社内に残ってて助かってます。稼ぎとは別なので。秘趣味のエステは細々とです。
 
茅場町『ミスバニー(Miss Bunny)』でオイルを塗ってもらうことにしたのは、まだ記憶に新しいこと。
 
 
オーソドックスな制服に綺麗系のセラピが大勢。まるでオーディションのようです。スケジュールは1人か2人が常時。面子被りの姉妹店が数店あるので、グルグル回ってる感じなのかな。案内されたのはワンルームマンションです。
 
アクセスは茅場町駅からが分かりやすいのかな、あと八丁堀駅。私は東京駅から15分くらい歩いていきましたけどぉっ。目印の場所から電話を入れて入棟。すぐさまセラピとご対面です。
 
キマした。オトナキレカワ系、アイドルが年輪を重ねてビルドアップした存在感。ボディの出来もナチュラル、プロフィール写真よりも華奢に見えてPAIも微妙に2カップくらい小さいかも。
 
衣装もナチュラルなインナー系にミニスカ、肩から二の腕に掛けてのラインにドキ。「Rさん」です。部屋はまずまずの清潔感と空間があります。ソファの座り心地は、多くの人を受け止めてきた感じでクタクタでした。
 
セラピも横に腰掛けてくれるので、そりゃ二倍の速さでくたびれるよね。深く座れて寛げるので、三倍の速さで使い込むことも出来そうな気がする・・。
 
マットはタオルの下にビニール加工があって、再度に鏡。ハンガーには妖艶に光沢のある布地がタランと吊り下げられてました。ネタ晴らししてるってことは初期設定かと思いましたが、オプションでお着替えするとのこと。
 
私「サービス上がる」R「どうですかね」質問の仕方を間違えた見たい。割引があってのオプションあり指名ありで21,000円を計上です。お互いにシャワーと着替え待ちの停滞期を乗り越え出会いました。
 
キャミソールですね。オーソドックスな衣装チェンジ、下着もしっかり着こまれております。マットに横になり圧が体に加えられます。キャリアのコメント「わースゴイ張ってますね」「しっかりホグシておきます」。嬉しいこと言ってくれますね。
 
それでキワキワの時間が削られる、そんな危機感を捨てきれないアラフィフの未熟さが嫌になる。オイリータッチ、手の平が沈み込み滑る。加減も丁度良く気持ちよいです。スルスル来て、山越てスルスル。
 
丘を駆け上がり、谷を下る、広域に巡らせるタッチです。単純に抱かれてる気分になりいい気分です。キワキワどうので語ることが恥ずかしくなります。吸い寄せられるようにキワ。リンパの系譜に追随してきて極キワも。
 
核心部はスルっなので、ほんのりエロスという感じですかね。お次は4TBになりました。タッチの展開はしなやか。しかしながら静かに激しい感触。もっとやり易い(触りやすい)ように、腕の方向や角度も変化を持たせて悶絶タイムとなりました。
 
仰向け?マーメイドに変身。一緒に蕩けましょう。境界線を越えようとする密着で迫ってきます。私の太ももがガッチリRさんに収まってて、動くことで太もも同士がスポンッとニュッの繰り返し。胸や肩を揉むために騎乗、いつの間にかハグしてます。
 
離れたくないんだけど、Rさんにはやり遂げなければならない仕事があるようです。少し下がって谷を下って、お洗濯かな。疲れの溜まりやすい箇所の施しの手つきがそれ。
 
あらら、キワキワってそう揉むんだぁ。ってくらいのディープ施術でしたが、一定時間以上に4545はしてもらえずに、溜まったまんまで終了。エステは基本も変則系も満足いくもの、キワキワもいい感じでした。
 
しかし私には、ちょっと高貴なものなのかと感じました。リピすればということでしょうね。
 

情報局ポイント

 
メンズエステ:『ミスバニー(Miss Bunny)
セラピスト: Rさん
 
男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆
 

東京のメンズエステの記事

 

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です