『パルファム(PARFUM)』体験談。東京新橋の元○○の引き締まったスレンダーボディのセラピスト。

キュッ摩擦音が聞こえるかと思った。

会社員30歳です。最近腹毛と胸毛両方が濃くなってきた気がします。ワイルド化するのは別にいいですけど、セラピスト受けはどうなってしまうのかそれだけが心配。

まだ剛毛が猛威を振るってない内にやっつけとくべきか、真剣に悩み中です。その前にやっつけるべきことは目の前の気になるお店に訪問することホーム新橋に移転してきた『パルファム(PARFUM)』です。

移転前は全くのノーマークでした。HPの雰囲気はアッチのメンズエステ。シックに落ち着いて大人受けしそうなイメージがあります。

ほいでセラピスト陣、宣材写真を確認する限りでは精鋭揃いかと思わせるような、でもこればっかりは蓋を開けてみないと何とも言えないです。ご時世なのか、夜の空きはわずか。

多くは、夕方までのシフトになってる。急ぎ退社して訪問するか、余裕を持って向かうのかむず痒い決断を迫られる。新橋駅3分となってる多分間違いではない、勤め先からは5分くらいは掛かるかもマンションを探しながらだとプラス5分。

オフィス街や繁華街の共存するエリア。オートロックを解除してもらいベールに包まれた部分に触れられる緊張感を持ってのご対面です。おおぉ美人です。元○○との肩書きは伊達じゃない。

そういう職種の人って日常に接点が無いので違和感がありますね。非日常のビジュアルをどう消化しようか脳内が戸惑ってる感じ。ボディはかなり細身、素人男子から見るとスレンダー過ぎかも引き締まってはいる。

お相手は「Mサン」になります。性格は素直で好奇心旺盛かと、日常のあるあるなどを話題に目線を同じにして語らうことをしてくれます。段々男前に見えてきた。部屋は綺麗なんじゃないでしょうか。

1Rですし新しいルームの恩恵があると思います。受付に至り、ディープリンパ90分20,000円の支払いです。割引3,000円あってです。ギリギリかな、この価格帯。財布の中は居酒屋で軽く飲み食いする程度。

シャワー、通常Tバック(何が通常かはわからないけど)、ちょっとエロい気分のままでマットです。普通にタオルの上からストレッチ、指圧。ここは某てもみん感覚で受けられます。

お喋りをしながら気合の乗った圧。男性向けですね。オイルマッサも某オリーブ〇パ感覚、手の圧のほかMサン自身の圧も少なからず。んっ、んんっ、うんっ。あくまでそれは始まりの合図ではなくて流れで起こるもの。

お尻をしっかり目にリフトアップ、片尻ずつ。キワを感じる気配、Tを掠めるゾワワッを受け取り、先走りの産声。タマタマのタイミングなのか、状況判断を見せてくれたのか。股の隙間を潜り込むの。

それとゲコポーズでの際キワへ。次々に繰り出し始めましたよ。それとオン体温、Mサンの一番熱量ある箇所とかも密ド高まる。体と手が一連の動きとなって、かなりエロい雰囲気に。

横向き、逆向きとポージングが変わっていく、囚われの身でオイルをしっかり塗り込まれております。特にという部分を表現するにはあまりにも無粋ではありますが、そこは特に。

でも胸元を駆け上がる指先は印象に残っています。反応することすら忘れてしまうように。だからあんまり続かなかったね。仰向けになり、ブレイク乳首に酔いが回る。

目線を辿ると足元の方へ向いてる気がします。途中のモッコリ山を見られてると解釈。向き直しての手、脚、鼠蹊、お腹、鼠蹊。最後は今まで以上に厳しい攻めで真に迫るものを感じます。

キュッ摩擦音が聞こえるかと思った。のもつかの間、それが最後の一押しだったみたいです。タオルをかけて少し体をほぐして、静かに施術は幕を閉じていくのでした。

施術後に話してみると、また来てもいいかと。でも初回は難しそう。なのでショートやランクを落としたコースで通いながら様子を見るのも一つの手かと思います。

情報局ポイント

メンズエステ:『パルファム(PARFUM)
セラピスト: Mさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です