『スウィートハンズ(Sweet hands)』体験談その1。新宿歌舞伎町の泡洗体

濃密なトロ泡が全身を包み込み全身を使ってのアプローチ

『スウィートハンズ(Sweet hands)』を利用した際の体験談です。

おはようございます。現在さわやかな朝の陽ざしの下、このエステ体験をせっせと書いている30代になりたての変態サラリーマンの秋元です。

私の変態性をくすぐってくれるのは、風俗でもアジアンマッサージでもなく、日本人女性が対応してくれるメンズエステ。

日本人女性ならではの、ちょっぴり恥ずかしさをみせるリアクションや、行き届いた心遣いなどがどうしてもクセになってしまいます。

さて今回記事にしたためようと思っているのが、新宿の巨大歓楽街歌舞伎町にある『スウィートハンズ(Sweet hands)』。何でもコースの中に洗体が含まれているというのが魅力のお店です。

 

『スウィートハンズ(Sweet hands)』

 

メンズエステをそれなりに経験している私ですが、洗体の方は片手で納まってしまうくらいの経験値。興味があるものの、めぼしいお店がみつからなかったことが影響しています。

したがって、すこーし出向くのには緊張感を伴ってしまう歌舞伎町に足を運ぶ決意をしたのです。

店舗型なので予約をどうしようかなと思うものの、やっぱり目標はハッキリさせておいた方が良いと電話を入れておきます。

オジサンスタッフの対応は、変なトゲトゲ感のない穏やかなしゃべり口調。こちらも話しやすく感じました。

セラピストの方は結構お顔出しの女の子が多く、カワイイ表情が確認できます。中にはアイドル的人気を誇るセラピストもいるみたいで、さまざまなサイトでも話題を集めている模様。

ただ今回は出勤日とのタイミングが合わず断念しました。

利用前にちょっぴり不安になったのは、セラピストが出勤してない日もチラホラみられ、基本2人から多くて3人の出勤で留まっているところです。

まあ前向きな気持ちになって、指名せずともお目当てのセラピストを狙い撃ちできるかもと切り替えました。

新宿駅東口に降り立ち、ネオンきらめく通りを抜け、少し怪しげなビルが立ち並ぶ路地へ。立て看板を見つけて一安心、そのビルの3階へと向かいます。

迎えてくれたのはセラピストのNちゃん。涼しげな表情からは美少女オーラが漂っていました(内心男性スタッフじゃなくてよかった)。

そのままお部屋へご案内。こじんまりとした簡素なお部屋、特別問題にはしないでおきましょう。お支払の方はロイヤルコース90分で14,000円でした。

じゃあまず洗体からということでTバックにお着替えし、専用のバスルームへ。おお、シャワーと専用の台が備わっておりました。

そしてそこにはビキニスタイルに変貌を遂げたNちゃん。恥じらいをみせるところがキュンとしてしまいます(困ったことがあればお兄さんに任せなてな気分に)。

洗体はうつ伏せと仰向け両面をしっかり洗ってくれます。

濃密なトロ泡が全身を包み込み、Nちゃんも全身を使ってのアプローチ。

直に触れ合う肌の感触、いいものですね。当然この後のオイルマッサージに繋げるため、キワキワもしっかり洗浄。

お尻の割れ目や、人には言えない皮の間などなど恥部にも指先が届きます。

体もすっきりしたところで体を拭いてもらい、一足先にお部屋で待機です。

しばらくの後、登場したNちゃん。「アレッ」水着タイム終了で、出会ったころのお姿に戻っておりました。

まあこれはこれでカワイイから許す。オイルは基本に立ち返って足元から。ホールド感は若干控えめで、マッサージの方も駆け出しクラスかな。

キワキワ辺りになるとフェザー感が強まり、もっとグイッときても良いのにと感じさせられます。

ただ深さはそれなりのもので、玉や竿などフェザーで仕上げられました。

仰向けになると「挟んでみても良いですか」と太ももで太ももをサンドウィッチ。前後に動くものですから、とってもセクシーな動きになっています。

Nハンドの方は紙パンツに進入し、竿太郎を捉えフワフワシコシコ。絶妙なタッチに声がつい出てしまいます。

ジャングルの中にあるオアシスのようなお店、緊張感のある街並みの中で唯一ホッとできそうな場所を見つけてしまいました。

さっぱりしたい時など、たまになら通ってもいいと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『スウィートハンズ(Sweet hands)』

セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ