『優雅(yuga)』体験談その1。福岡博多駅前で奥義ジャップカサイでビンビン

神秘の世界がそこに広がっているよう

『優雅(yuga)』を利用した際の体験談です。

男性機能を改善させる、タイ古式マッサージ秘伝の奥義として称されるのが「ジャップカサイ」。

単純に言えばゴールデンボールをマッサージするというものです。こういった手法があることをつい最近知ることとなった、35歳の男の曲がり角を迎えたサラリーマンの島崎です。

ただこういった手法は風俗系のお店ばかりが対応してる感じ、なんか違うんだよなぁ~と思いながらネット世界を徘徊していると見つけるんですねぇ~。

しかも近場というオチだからこれまた恥ずかしい、そんなお店がメンズアロマの『優雅(yuga)』です。

 

『優雅(yuga)』

 

セラピスト陣は少々お歳をお召しになった方ばかりですが、私にとっては逆にテンションアップするところ。

妖艶な振る舞いでメンズを意識しているようにも見えて、実はレディースメニューも用意しているという独自のスタンス。

多分建前なんだろうなと勘繰ってみたりするのは意地悪かな。

それはさておき、とりあえず門を叩いてみないことには二進も三進もいかない。だって股間が疼いてるんだもの。

電話をしてみると、すんなり予約完了し、サクサク展開していきます。

仕事もそこそこに切り上げ、退社後に向かったのは博多駅前3丁目。博多駅とキャナルシティの丁度中間地点のマンションです。

到着してセラピストとのご対面、当日も際どい状況になって予約できてしまったため、若干地雷臭を感じて緊張。

扉の向こうに居たのは、いやはや「どうも申し訳ございません」と土下座したくなるようなセラピストAサン、その方です。

アラフォーの大人感、そしてスタイリッシュな雰囲気と色気。

衣装は露出的には抑え目ですが、それでもパンチラには恵まれそうな予感です。

トコトコ部屋へ、なんとそこには施術台が(パンチラをあきらめた瞬間)。

なるほどそういったスタンスですか。これはレディースもあるのかなと聞いてみると、少ないけどたまに予約が入るみたいですね。

そのせいか、一定レベルの清潔感は保たれてる風なお部屋です。

受付をすませて支払った料金は、100分コース12,000円に、本命のジャップカサイのオプション追加で計14,000円となります。

もちろんジャップなカサイを清めるためのシャワーを浴びてからマッサージ。

部屋は少し照明が落とされ、羞恥心を和らげてくれます。

Aサンは現役エステシャン、エステティックな手さばきは本格派そのもの。男の体でも十分に応えてきます。

健全な手つきで進むマッサージも、際どい箇所に来ればフェザーを織り交ぜつつのメンズ仕様。

瞬間的に勃起へ、そこから幾度となく鼠径エリアを駆け回ってくれる大胆さが見られました。

そうこうしてるうちにAサンは頭上からのアプローチへ、これがお股が頭に当たることもしばしば。

ロングストロークになると、ジンワリ押しあたってるのが分かります。

もちろんおっぱいの膨らみも後頭部や顔面にふんわりと、お口は半開きで夢心地です。

お腹のマッサージの時は大胆さがかなり増してきて、竿は左右に振られたり、亀頭を包み込まれたり。

許されるならここで終焉を迎えても、多分悔いはなかったことでしょう。

そしていよいよなメインイベントへ。Aサンは施術台に乗ってきて、足の間にスタンバイ。

タオルを捲り、太ももを撫で上げながらゴールデンボールをサワッと掴みます。

男ってここを握られると少し緊張する生き物なのかな、アソコと比べて身動きとりづらくなります。

指で袋をグッと抑えながらボールを指圧、優しくそして強く。

また皮を左右上下に引っ張ったり、ボールをクルクルさせたりすることも。

エロってよりもエステ不思議発見、神秘の世界がそこに広がっているようでした。

しかし確実視されたヌキはナシ、ギンギンのまま、自然とアレレな流れで終了となりました。しばらくは通ってみてもいいのかな。

情報局ポイント

メンズエステ『優雅(yuga)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ