『ゆりかご名古屋』体験談その2。愛知一宮で可愛い系熟女に癒やされる

体験談販売ページ

人気店ランキング

楽しくおしゃべりしながらマッサージ

『ゆりかご名古屋』を利用した際の体験談です。

勤めていた会社を辞め、近所のペットショップに拾われて数年、今ではこれが大切な仕事となってる38歳の富田です。

オイルマッサージ店などの利用経験は約7年くらいになりますが、これまで行ったお店の数は約20店舗ほど。最近行きはじめたという知人と同じくらいなので、少ない方ですね。

その中でもっとも最近の体験をおひとつ。お店は名古屋市内を中心にルームを点在させている『ゆりかご名古屋』です。

 

『ゆりかご名古屋』

 

アッチからみてもコッチからみても熟女ばかり。その手の趣味がある男性には、見過ごすことのできないお店でしょう。

セラピスト紹介ページでは、皆さん青いセクシーワンピ姿を披露。

写真の加工は施してないと思われます。熟女の佇まいや肌質などが存分に伝わってきます(逆にこれで加工ありなら恐怖を覚えるかも)。

熟女好きとは言ってもハズレは選びたくないワガママボーイの私、じっくり吟味を重ね選んだセラピストがMさん」です。

熟女好きを公言しながらやや若いセラピを選んでしまった罪悪感を抱えつつ、スムーズに予約完了(だってムッチリがすごかったんだもの)。

指定されたマンションの場所は名古屋市内を離れて一宮市、岐阜からもアクセスに便利なエリアですね。

栄2丁目は一宮駅の東側にあって降りてすぐの閑静なエリア、パーキングもその辺にあるので車も便利です。

早めについてしまった場合でも、駅ビルで時間を潰せます。

「こんちわーっす」いつも軽めの挨拶を心掛け、部屋へと向かってMさんとのファーストコンタクト。

向こうも「こんにちは」と明るい感じで迎えてくれましたが、私の反応は「あっ」。

「えっ、びっくりしました」「ワタシで大丈夫でした」と心配そうなMさん。

イヤイヤ全然、全く持ってその逆で期待以上によかったのです。

35歳とはいっても熟女感はナシで、お姉さん感の方が強いルックスで愛嬌あり。スタイルはムッチリ系ですが、それが私の好みなのです。

「さん」ではなく「ちゃん」と言った方がしっくりきます。

ナチュラルボディが色濃く出るタイトワンピ、オッパイも素晴らしいですが、腰つきや太ももの艶めかしさに視線が奪われていきます。

パンチラしてるのをコッソリ鑑賞しながら受付タイム。90分コースの料金と指名料、オプション合わせて15,000円(新規割1,000円)でした。

いろいろなオプションもあるようですが、ココはリンパ系を盛るだけにしておきました。

いつものようにシャワーを浴びてマッサージ開始。楽しくおしゃべりしながらマッサージが繰り広げられます。

技術的なものは平均レベル、なので気持ちよいとか気持ちよくないとか、ぼやける丁度真ん中。

改善するなら緩急や強弱をつけると退屈さを感じないかも(単調なんです)。

キワキワは深めにくるものの今一歩足りない。それが踏込なのか技術なのか、ココも難しいところです。

まあ人柄が良いので、悪いという評価はしませんが。背中や腰で乗っかってくるときの方がいい感じになったかな。そして頭上からのマッサージでは大胆な一面も披露。

私の視線に「もうッ」て言いながらも大盤振る舞いってところかな。

太ももをスリスリすると「もうっん」。

もうちょっと奥まで行くと「ダメッ」と言葉だけでのお叱りです。頑張ってくれているためか、Mちゃんの鼠蹊部は汗ばんでおりました(ちょっとチクチクも指先で)。

仰向けの流れはデコルテやお腹、足からの鼠径が主な項目。

足を持ち上げて足裏がおっぱいに当たるようにしてくれた時には、足踏み運動で弾力をボリュームを確認。

気持ちよい柔らかさがあっても距離が興奮を阻害する、何か損しないために必死って感じです。

鼠蹊部はこういうのが良いんでしょとノリがエロさを緩和してしまい、残念ながら硬くなるまでで終わってしまいました。

いい子なんで、楽しいエステを求めるならありでしょう。

情報局ポイント

メンズエステ『ゆりかご名古屋』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆