『ラーマカリオス(Ra Makarios)』体験談その2。博多駅前の魅惑の仮面

体験談販売ページ

人気店ランキング

ご機嫌なキワキワマッサージ

『ラーマカリオス(Ra Makarios)』を利用した際の体験談です。

もう少し、あと少しで見えそう。こうなりそうってところが堪らなく感じる、三十路を迎えたサラリーマンの高山です。

この発言で、女の子のパンチラや胸チラを想像したアナタ。アジアン系の女性に言わせれば「オニイサンスケベネー」となるので気を付けましょう。

でも今回はその趣旨とかけ離れてはなく、初歩的段階に私、惹きつけられてしまいました。

と言うのもオイルマッサ―ジが大の好物である私。仕事帰りや休日など暇な時を見つけては、福岡市内でオイルの世界を楽しむ日々。

そんなある日の出来事、突然『ラーマカリオス(Ra Makarios)』と言う、お店のセラピストが気になって仕方なくなってしまうのです。

 

『ラーマカリオス(Ra Makarios)』

 

こちらのお店のセラピストは、あろうことか全員が怪しげな仮面をつけているではありませんか。

しかも社交界に繰り出しそうなドレスを纏ってのお披露目。それはまるで秘密クラブのような雰囲気です。

仮面の奥の瞳がチラリ。表情が窺えそうで窺えない、そんな絶妙なもどかしさが三十路の男を苦しめます。

修行不足の私は思わず電話を入れてしまい、その月の少し早目のメンズエステ遊びの段取りをつけるのでした。

まず指定されたのは博多駅2丁目の郵便局前。そこから連絡を入れると、マンションへの案内をしてくれます。到着しセラピストとの対面ですが、なんか違う。

まあホームページの雰囲気のままと言わけではないのは分かっていても、あのインパクトからの落差がありすぎる。密かに仮面姿で向かえられることを期待していた自分に気づかされました。

セラピストはSちゃん。中々の体格をしており、おっぱいやお尻は大迫力。メンズにアピールしようとするコスチュームもよい感じ(これで仮面があればなお結構、しつこい)。

緊張しているのか、出会ってからはテンション低め。うふってな笑顔の中には「さっさと受付済ませろ」なんてのがあるかもと、お支払いはスピーディーに済ませます。

コースはランクアップのアルカナセットコース120分、料金は14,000円となります。

シャワーを手軽に済ませれば、いよいよオイルが待ちに待っています。

部屋の様子も少し入れておくと、お店のイメージを表現しようと、いろんなところにこだわっている感じ。

特に照明などは特徴的で、怪しげに光っておりました。マットは私好みの厚め仕様。タオルの生乾き感も無くて気持ちよくダイブです。

ガタイの良さとは裏腹に、ソフトなほぐしにはじまり、オイルマッサージが始まってもソフト。

途中、力加減なども聞いてくれるのですが、セラピストのリズムを崩したくないので「気持ちよかですたい」と伝えるにとどめておきます。

さてお待ちかねの鼠径リンパ。これが私の生きる道とばかりに「エイエイエイ」と、しっかり鼠径のラインをなぞってくれます。

時折、ラインを逸れるハプニングも入れながら、ご機嫌なキワキワマッサージです。

お尻や腰回りも入念にマッサージ。いつの間にか行き着く先は鼠径リンパ。老廃物をあるところから排出させようという魂胆が見え見え。でもなぜかとっても幸せです。

背中では乗っかったり頭上からなど、バリエーションを増やして飽きない工夫が。

おっぱいが背中にムニュニュと押し当てられたり、目の前で躍動するムチムチ太もも。私は上目づかいでスカートの中に活路を見出すのでした。

そろそろ折り返しの頃合い、メインイベントが近づくにつれ一抹の寂しさも。

そんな私を慰めてくれようと、顔面プレスや手を引っ張っての揉み誘導など、おっぱいプレイの連続技が発生。

しっかりこちらもアンサーを提示し、おっぱいの時間を楽しみます。

クライマックスでは横に座っての鼠径レインボー。四つん這い気味で、こぼれそうなSちゃんのおっぱいや際どいお尻を撫でながら、有終の美を飾りました。

帰り際の「またね」のハグが名残惜しく、もう一回Sちゃんにオイルマッサージをしてもらおうと心に決めました。

情報局ポイント

メンズエステ『ラーマカリオス(Ra Makarios)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆