『いきなり鼠径部(いきなりソケイブ)』体験談その1。大阪梅田のロリ鼠径

体験談販売ページ

サワッと手を当てて擦り擦り

『いきなり鼠径部(いきなりソケイブ)』を利用した際の体験談です。

こんばんわ、たこ焼きはタコなしでもOK派の、30代の飲食店でアルバイトをしている近藤です。

エステ話ってことで思い出すのが、少し前に風鈴を100均でゲットし、夏に備えようとしていたころにさかのぼっちゃうのかな。

気温が上がってしまうとアッチの方も元気がダウン。30代そろそろ、年齢を感じ始めるお年頃です。

なので、そうなる前にじっくり楽しんでおこうと決めたお店が『いきなり鼠径部(いきなりソケイブ)』。オオォゥ、ちょっと口に出すのを憚られるようなネーミング。

 

『いきなり鼠径部(いきなりソケイブ)』

 

でもこの直線的メッセージ、嫌いじゃありません。

またこちらのお店は、ピチピチギャルで固められているっていうのものグッド。まあいい歳した大人になると、やっぱり違和感がありますからね。

セラピストたちの青春を謳歌するためのお店でもあるのかもね。

それとセラピストたちも結構頑張ってて、目線を確認できる子たちも多いんです。

これって意外と重要、ボインとかセクシーアピールに惑わされなくて済みますから。

気分も乗ってるうちに早速予約へ。電話対応で店名を読み上げるスタッフさん、ちょっと開き直ってる感あり。

「ここで照れてたらやってられませんわ」て声が聞こえてきそう。

無事予約も済んだことだし、お店へ向かおうかってことに。

大阪市内でも屈指のアダルトな香りのする、曽根崎町のとあるビルにお店は入っています。

アクセスとしては梅田駅から8分くらい、地下鉄の東梅田駅だと5分くらいです。

周辺はラブリーなホテルが建ち並んでおり、大人の事情を抱える御一人様や、カップルさんたちが行きかっておりました。

ビルへ入り5階フロアへ。受付で「どーも○○です」って言えばOKです。

今回のコース60分のエステ魂コース、料金は5,900円でした。

ポータルサイトの割引によるもので、まさかの10分あたり1000円割り込むとは、デッカク出たもんです。

すると「よろしくお願いします」な空気で近寄ってくる女の子を発見。お相手になってくれるぽっちゃり気味なAちゃん。

まあ愛くるしさがあるからいいか、オッパイも大きいし、タンクトップからブラ透けてるし、といいところを探すことに終始いたしました。

部屋は店舗型なのでこじんまり系、清潔感は下の中としておきましょう。

ひとりのセルフシャワーでサッパリした後は、いよいよエステの時間となります。

エステは思いのほか基本的な流れでうつ伏せから。トータルでの60分なので駆け足ではあります。

手早くオイルを塗り上げていくAちゃん、これをマッサージ技術と呼べるのでしょうか。

「いきなり」ではありませんが、うつ伏せ鼠蹊部への到達も早いもので、この点は評価に値します。

深みにハマるAちゃんハンド、来るには来るけれど当たりは控え目なのでイマイチな反応薄でした。

その後背中をショートカットし仰向けに。

足元から始まったマッサージは意外とスローでもどかしくなるばかり。一応残り時間15分くらいで鼠蹊部集中が始まりました。

いわゆるポンな状態でモロヘイヤ。サワッと手を当てて擦り擦りと、火おこしのようにマッサージしてくれる。

あんまりレパートリーは少ないみたいで、いくつかのパターンを繰り返すのみ。

30代への刺激としては物足りなさを感じてしまう。

こうなりゃ、自らも刺激を得るため踏み出さなくては、一歩踏み込み豊かな丸みへ手を伸ばす。

フワンッとしている感触と確かな重量感、揉み応えあるオッパイではありませんか。

一瞬、拒否するものの、必至の交渉により「チョットだけ」を頂き、モミモミ。

私、そのまま上体を起こし両手での揉み手に挑むと、Aちゃんの声も色っぽい息づかいに。

コスパ良しなので、フラッと立ち寄るにはいいお店です。

またAちゃんの乳首を攻めちゃおうかな(ブラの上からだけど)。

情報局ポイント

メンズエステ『いきなり鼠径部(いきなりソケイブ)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆