『リフライズ(Refrise)』体験談その1。大阪八尾のドキドキが増える時間

体験談販売ページ

ライター募集

仰向けになるとさらに濃厚な展開に

『リフライズ(Refrise)』を利用した際の体験談です。

メンズエステを違った角度から見て見たいと、このたび大阪市内ではなく東へ進み、八尾市のお店『リフライズ(Refrise)』に突撃してきました。

 

『リフライズ(Refrise)』

 

おはようございます、ただいま休日の朝を暇してる、40代の会社員の安藤です。

八尾市のメンズエステって意外と穴場。というよりもエアーポケット的な存在で、ことごとく出店を避けられているんですね、なぜか。

街の規模的にも悪くないのに、八尾でマッサージ受けるなら大阪市内まで行くってことなんでしょうかね。

私的には、こういったディープスポットの方が何かありそうでワクワクするんですが。

ホームページの感じは、至って健全思考なリラクゼーションサロンて雰囲気。この時点では私の心はニュートラルです。

しかしセラピストの紹介ページ。程よいセクシーをみせる感じが、あるのかなないのかなと、メンズエステの揺れを表現している風に思え電話をプッシュさせるのです。

電話口に出たのは男性ですね。対応自体は悪くなく、楽しんでくださいてな口調でした。

アクセスは近鉄大阪線に乗って、近鉄八尾駅へ向かうのが簡単。JRの八尾駅って手もありますが、少し逸れるので歩くのが好きな方にはいいでしょう。

車も悪くない選択肢で、パーキングもあって便利。2時間停めるとして約800円くらいが相場です。

さて指定のマンションへと到着、「入っていいよ」の確認を取り「こんにちは」。

玄関先から伸びしてドアを開けてくれたのが、バリバリギャルなMちゃん。

ちょこっと苦手なタイプですが、まだ10代という若さからボディやお肌はピッチピチのプッリプリ。新鮮な車エビのようですね。

ルックスもまあまあ可愛らしい、あれ若い子に開眼してきちゃったかな。

施術ルームに驚き、これまたおしゃれさん。広さもあって、休憩スペースのソファからはマットが眺められます。

そしてMちゃんが横に座って、今からふたりでアソコで楽しむんだよ的な雰囲気に。堪らんね、オッサンには。

お金は必要、90分指名料なしで12,000円と控え目。大阪市内だと、あと数千円くらい上乗せされてもおかしくないのかなとニンマリ。

そこから妙に不安が上位に、なんと紙パンツの案内を受けてしまいます。

聞かなかったことにしたいけど、あからさまなハンカチ上のモノを手渡された日には、完敗を覚悟しなくては。

ただ違った展開も、私は他店で経験済み。そこに期待するしかありません。

それに向けてキレイに陰部を洗浄しておくのです。

のどの渇きを潤しマットへダイブ、オイルは多めで、ほぐしスルーでいきなりです。

足元からトロトロにオイルを纏わせてくる。そのためストロークの早い早い。ツルンッと一気に脚一本滑ってくるようです。

若くても力自慢のように、強めの圧が将来性を感じさせてくれます。トロントロンを追加し、キワキワゾーンへ、やっぱりこれがなくっちゃね。

しばらくはトランクスの隙間からスルッと手を入れてくる。ちょっと痴漢されてるみたいで、感じちゃうオッサンです。

ここで思い出したかのように、Mちゃんはひと手間加えてくれる。トランクスをオープンへと加工です。

「待ってました」、これで一安心。「さあ」と私も存分に楽しむ心根ができるってもんです。

スルスル、シコシコ、ニュルニュル、クチュクチュ。コシのあるうどんを食べてるかのような表現がぴったりの濃厚エステ。

しかも二回り近く年齢の離れた女の子に、こんなことをしてもらってる現実に、罪悪感ではなく高揚感を得ているのは秘密です。

仰向けになるとさらに濃厚な展開に。密着が増えて来るんです。

そして招かれる私の指先、うつろな表情で見つめてくるMちゃん。

もう一歩あと一歩で、間違いが起こってしまうかもしれないところで、私のアソコはギブアップ宣言をするのでした。

情報局ポイント

メンズエステ『リフライズ(Refrise)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆