『アロマタッタ(Aroma Tatta)』体験談その1。錦糸町の隠れ家的な一軒家

オススメのお店

大阪
オススメのお店ーリラフル
オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

ゲコゲコスタイルでピタッと密着

『アロマタッタ(Aroma Tatta)』を利用した際の体験談です。

リンパ大好き、29歳サラリーマンの藤本です。

一軒家で繰り広げられる癒しのリンパ・オイルマッサージ。う~ん、何ともいい響きではありませんか。

今回紹介するお店も、そんなオイリーボーイの心を刺激。もちろん体験しないわけにはいきません。

お店の名前は『アロマタッタ(Aroma Tatta)』。場所はサラリーマンなどが多い錦糸町。なんと駅から歩いて5分という、ものすごい一等地に建つ一軒家というのだから興味も湧いてくるというものです。

 

『アロマタッタ(Aroma Tatta)』

 

ホームページにはお約束の文言とされる「風俗店ではございません(その他諸々)」。わかってますとも。「僕は常に紳士です」と自覚を持ち、その他の部分も読み進めていきます。

コースは主にスタンダードコースとVIPコースの2段構えスタイル。どっちがメンズエステとしての満足度が高めなのかは、コース間の差は料金が物語っています。

在籍セラピストは、みんな表情を確認できる程度に顔や目線を披露してくれているのでありがたい。それがムリな方はセクシーショットで埋め合わせ。こちらも中々興味深い画です。

スケジュールの確認をしながら予約。希望時間からは少しそれてしまいましたが何とか完了です。

当日は朝からドキドキ。普段のテンションとは少し違う、用意するのもドタバタ・ドタバタ。いろいろ忘れ物をし、何度もアパートを行ったり来たり。一軒家エステという、初めての体験からくるプレッシャーなのか定かではありません。

そうこうしている内に電車は錦糸町駅に到着。乗り過ごすこともなく、駅の北口に降り立ち指示を仰ぎます。

「ここをこう行ってこうなんです」てな具合で、目的の一軒家とされるお店の前に。間違っていたらどうしよう(逃げようかなんて考えながら)インターホンを押す指が小刻みにブルブル。

オープンしたドアの奥にみえた人影で一安心。ナイスなお色気ルックを身にまとったHちゃんがお出迎えです。

スタイル抜群、一世を風靡したカリスマギャルモデルの和風バージョンな雰囲気。とってもキュートな女の子です。

お邪魔しますと玄関を抜け、洒落たリビングに通され受付。選んだコースは、もはや一択な気分でVIP90分18,000円。新規割で1,000円、LINE登録で2,000円引きと、いろいろな割引があって、18,000円が15,000円なります。(LINEで2,000円引きはありがたい!)

でも指名料とオプションプラスで、結局合計18,000円のお支払ナリ。

軽く自己紹介タイムも終わり、エステに向けての準備が始まります。

まずはすぐ横のシャワールームにおひとり様ご案内。こちらもそこそこ洒落乙。用意されたTバックは、メンズエステ最強クラスのさわやかさと卑猥さがありました。

この時点でかる~く勃起。Hちゃんに案内され階段を上るのですが、ここで勃起ポイント発動。見上げたそこには、タイトな激ミニに納まりきらないヒップ&パンティ。

心なしかHちゃん、ゆっくりクネリを入れながら登っているよう。僕は近づいてみたり、少し待ってチラッと覗いてみたり、いつの間にか変態紳士に成り下がっておりました。

この時点でかなり興奮してしまい、悶々とする中、部屋に到着しマッサージです。

この辺りはいつも通りのほぐしパターン。終わると足からオイル開始。順を追って上がってきます。

ゲコゲコスタイルでHちゃんピタッと密着。サワーリさわさわとTバックのラインや、際どいラインを撫でながらスルリ鼠径へ(ウウ~ンモウレツ)。勃起は完全に覚醒です。

犬のような格好にされると、恥ずかしい秘部がHちゃんのお顔の前に。覗き鏡でチラッと確認。そこだけは見ないでという部分に視線を一点集中。とにかく羞恥・羞恥です。

ここまで辱められればもう怖いものなし。トコトンアピールしてやれと股間を張ります(胸を張ります)。

しかし情けないことに序盤の勢いが祟ったのか失速。頑張ってくれるのですが、ドンドンしなびたナマコ状態に空気が沈黙。

でも隠し玉炸裂で再度覚醒。グイグイググイグイとHちゃんの接近に我を忘れたオイリーボーイはノックアウトとなりました。

またあの階段からの眺め体験したいなぁ~と、バイトの休憩時間などに定期的にホームページをチェックしています。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマタッタ(Aroma Tatta)』

セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

体験談販売ページ

人気店ランキング