『プリンス・スパ(Prince spa)』体験談その1。品川で王子様扱い

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

サービスの手が緩まることはなく幸せな快感が押し寄せてくる

『プリンス・スパ(Prince spa)』を利用した際の体験談です。

会社勤めもほどほどにしたい思いを抱えながら、メンズエステに気持ちを支えてもらっている30代のオイルマッサ愛好家の横田です。

今日もメンズエステを利用できる分は稼いだかな、と思うとモチベーションがグンッとアップ。何かとつらいことも乗り越えられるのです。

そしてこの度、ウワサのメンズエステ店へと初潜入することになりました。

同僚からの話によると、とにかく良かったようで、何が良かったとは聞き出すことができず、あの時の思い出を大切にしたい雰囲気がありました。

そんなお店は品川にある『プリンス・スパ(Prince spa)』。品川だけでなく、最近六本木にもルームを出したみたいです。こちらはグレートな女の子ばかりを揃えているらしいのですが、プロフィール写真からはあまり伝わらないかな。

 

『プリンス・スパ(Prince spa)』

 

ただあの胸の谷間の具合は各々で押さえられているので、見入ってしまうのは男の性というものです。

電話対応は男性スタッフ。紳士的に用件だけを伝えておきました。

相手の対応も紳士的、至って不都合なことはありません。

当日は仕事、昼過ぎからソワソワし、終業時間間際になるとテンションも少しフワフワ変な感じ。メンズエステに出向く前の発作みたいなものでしょうか。

向かうは品川駅「んっ品川」なんか新鮮な気分。近場にはあの大人の街がある。「そっちじゃないよね」自分に言い聞かせ、駅前を抜け品川特有の落ち着いた住宅街へと足を踏み入れます。

指定場所から電話するとマンションへと誘導してくれ、ついにセラピストとのご対面です。

ウェルカムに向かえてくれたのは、後光が差しているくらいの可愛らしいMちゃん。立派な胸のものも標準装備と言わんばかりに備わっており、そっちの道でも十分に人気者となれそうなクオリティの女の子でした。

部屋はワンルームタイプ。清潔感がありおしゃれ仕様。マットが敷かれ、しっかり鏡も横たわるメンズエステ特有の部屋です。

ソファーに腰かけウェルカムドリンク。チラッ・ドキ・モジモジ、Mちゃんの距離が近い。しかも熱視線でこちらを見つめてくるものだから、お兄さんは顔が真っ赤になります。

そしてこの辺りでコースの確認とオプションの提案。断りきれない雰囲気にOKサインで応えます(だってMちゃんに恥かかせられないもの)。

支払いは120分22,000円に指名料1,000円、オプション3,000円で25,000円。クッ、雰囲気に飲まれてしまいメンズエステ2回分の出費です。

シャワーを浴びながら、少し後悔の念に駆られつつもTバック装着時にハーフにピンッ。男とは情けない生き物です。

でもこの辺りから、凄まじい破壊力を持ったサービスの連続が繰り広げられることを、私は知る由もありませんでした。

お部屋で待っているMちゃんを発見し「ごめんなさいっ」とつい部屋を出てしまいそうになるお姿に変身。一歩進むごとに股間に力がこもります。

マットへ寝ころぶかと思いきや、ソファーで足湯やイチャイチャほぐしタイム。

足湯の光景はアダルト度200パーセント。今すぐにでもフィニッシュを迎えてしまうくらいにビンビンです。

しかもその後はプリンスに仕える取り巻きの美女の如く、座った状態でマッサージ。理性を保つだけでも精いっぱいの状況です。

たぶん男性の中には、あの時点で暴走気味になる方もいるのではないでしょうか。

マットへ案内されるのですが、ギンギン状態で紙パンツはほぼ意味を成してない。Mちゃん「大丈夫ですよ」とやさしい言葉で誘導してくれました。

オイルの流れはオーソドックスなのですが、Mちゃんそのものの感触が伝わってきたり、罪深い鏡からの情報に耐え切れなくなってしまい、前半のカエル鼠蹊部であえなく。

クールダウンもそこそこに、サービスの手が緩まることはなく、後半にまたもや幸せな快感が押し寄せてきて極上の幸せを更に経験することになりました。

通いやすくてとってもおしゃれなお店、身の丈に合った90分コースで通い詰めてみようかな。

情報局ポイント

メンズエステ『プリンス・スパ(Prince spa)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆