『アモル(Amor)』体験談その1。新大阪の気になるお店

理想とも言える好みの女性との健全マッサージ

『アモル(Amor)』を利用した際の体験談です。

疲れることは大歓迎。なぜならリラクゼーションサロンへと出向く口実ができるから。

当方オイルマッサージを嗜んでいる、50歳、接客業の樋口です。

趣味と言えるのはオイルマッサージくらい。独身なので、日々の日課がネットでのお店探しとなっています。

年齢も年齢なので、エロ過ぎず健全過ぎない、丁度いいバランスのお店を好んでいるのですが、そこが中々難しい。とはいえドンピシャなお店に出会えた時の感動は、言葉に言い表せないくらいの達成感で満たされるのです(でも数日間は燃え尽き症候群になる)。

この前お世話になったリラクゼーションサロンは、中々いい線いっている感じだったので、この場を借りて紹介させてもらいます。

店名は『アモル(Amor)』。意味はスペイン語で「愛」。そっくりそのままお店のコンセプトとなっているようで、愛情持って接することを意識されているようです。

 

『アモル(Amor)』

 

場所は大阪の玄関口とされる新大阪。ルームのタイプは、プライベート性を重視してのワンルームタイプ。セラピストとの二人だけの空間に身を置くことが可能なお店です。

予約を取るため電話を掛けると、可愛らしいトーンで女性が対応。セラピストなのかどうなのかは分かりませんが、男性に対応されるより気分が乗るのはあきらかです。

初めての利用の場合は新規割が適応。通常のコース料金から2,000円が割り引かれることになります。

条件は予約時にしっかり伝えること。こういったのはお店側からは中々教えてもらえないこともあるので気を付けましょう。

仕事帰りに新大阪へ。梅田から電車で数分、座る間もないくらいです。

お店の場所はショートメールで確認済み。お店と思しきマンションの前から再度確認のコール。ここで改めて部屋の詳細に言及されます。

部屋番号を頼りになんとか到着。お出迎えセラピストは、長身でスタイリッシュなNさん。雰囲気良し、スタイル良し、接客良しと、いやはやとってもいい感じのセラピストではありませんか。

Nさんの服装は黒のワンピース。生地は薄めで、スカートの丈も膝上寸ですが、胸チラはナシの首元までしっかり防御されてる丸首タイプでした。

マンション内の方は、それなりにキレイにしておりシンプルイズベストを地で行く感じ。マットは厚めですが、シングルタイプのような幅です。

ウエルカムドリンクを頂きながらカウンセリングや支払い、割引の事を一応確認し、90分指名料込で11,000円渡します。

バスルームにはアメニティグッズが充実。もしものことを考えて、歯磨きも済ませてエステに臨みます。

こういったお店では、まずここからという定番のほぐしでスタート。オイルは足からで、こちらも定番。

Nさんの手つきはしっかりしており安心感あり。マッサージ経験者は伊達ではないということでしょう。

私のタイプなので、いつになく積極的に会話には応じます。

マッサージの説明や日頃のケアなどを重点に話しました。

うつ伏せ時の会話は顔を伏せたままでは何とも失礼。グッと横に向き、Nさんの方を振り返るとマッサージの態勢が結構セクシー。

意味もなく振り返ったのはココだけの秘密です。

鼠蹊部へのアプローチではメンズエステ的な雰囲気ではなく「この辺りも」的な表現で濁す感じ。

健全な部分を保ちながらの鼠蹊部は、逆にエッチなことをしているかのような気分になり、一本芯が通ります。

Nさん真面目なマッサージでしたが、一度変なライン取りで私のアソコに手を当ててきました。

あれは何だったのか「もしかして触りたかった」「それとも確認したかっただけ」どちらにしてもエッチなポイントです。

まあハイライトはこの辺まで。その後は何事も起こらず、マッサージを楽しむ流れで終了の合図。

「お疲れ様でした」「また来てくださいね」と笑顔で見送られあとにします。

もう一息メンズエステの要素が欲しいところ。でもNさんだったら通ってもいいかな。

情報局ポイント

メンズエステ『アモル(Amor)』

セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ