『ハンドレッド(HUNDRED)』体験談その1。大阪日本橋でもう一つ欲しかった内容

お尻のラインも交えながら上から下から

『ハンドレッド(HUNDRED)』を利用した際の体験談です。

録画ばかりで一向に視聴できてなくて、ハードディスクが容量不足気味。

もっと大容量のものじゃないとダメなのかなぁと考えてる、35歳の会社員の植田です。

そんなこんなでちょっくら大阪の電気街に繰り出したついでに、メンズエステも覗いてみようかなってことで予約を入れたのが『ハンドレッド(HUNDRED)』てところ。

 

『ハンドレッド(HUNDRED)』

 

ハードディスクを購入しても全然余裕でOKな、100分1万円という劇的なキャンペーンを実施しているお店です。

フリーで入らなければならなかったり、早い時間帯限定といった条件付きですが、それでも大1枚でいいなんてさすが浪速の商人ですなぁ。

地雷ばっかりじゃないかって、まあその点は多少心配。

とはいっても、結構良さそうなセラピストが早い時間帯から出動しているんで、そこは前向きに捉えることにしました。

予約時の電話対応は中々良かったですよ。「ハンドレット割で」と合言葉を発すると「ありがとうございます」だって。

ルームは日本橋高津2丁目、お馴染み国立文楽劇場の近くのマンションです。

外観を見た瞬間、ワンルームの集合体とわかるような造り。しかしエントランスはかなり豪華なものでした。

ピンポンを押す前にはがに股でポジションチェック、変な方向に向いてると気持ち悪いですからね。

迎え入れてくれたのはキャバクラに居そうなハタチの女の子Yチャン」。

ケバイ感じだけど性格は明るく、肌はピチピチ弾けそうで、それに準ずるボディラインもムチッとプリンです。

「どうぞ」と後ろからついていく感じで部屋へ。「ここに座っててください」とソファに腰を下ろすとお茶が出てくるシステムです。

挨拶はあったようでナシ、だってすぐにジャワ―の準備に行くんだもの。

帰ってきてからはお支払い、お釣りナシの1万円ポッキリです。

トークもそこそこ、アンケート記入もナシでシャワーへご案内。

なんとか会話のきっかけをと思い「紙パンツはどうしたらいい」「穿かなくてもいいです」。

じゃあってマットにうつ伏せに、マットは寝心地がよくフンワリしていました。

簡単なマッサージから入る流れはよくあるカタチ、手を置いて体重をかけるような感じで背中や腰を押してくれます。

マッサージって感じではないんですが、これはこれで悪くない。それこそカワイイ女の子にボディタッチしてもらってる感覚です。

際どいところも押してもらおうかなとお願いする間もなく、タオルは捲り揚げられオイルは足元から。

ストロークは普通ですが、圧のかけ方はうまくセンスアリ。もっと本格的に学べば大成しそうな素材。

マッサージしている姿も美しく素敵ですし、鏡だけでは飽き足らず振り返ってみたくなるほどです。

ミニスカートからはパンツが覗いている、股が広がってて難なくでした。

「パンツ見えてるよ」と言えば「ちゃんと体をまっすぐしててください」「癒しの場所なんですよ」と返答。

隠す素振りを見せないのが大した大物です。

鼠径エリアの施術に関してはカエル脚が中心、お尻のラインも交えながら上から下からと、テンポを意識したアプローチ。

深さはあるものの、当たることもあるけど、もう一歩足りない。

強いて言うなら変化、バリエーション、焦らしなどかな。背中に関しては「どうします」とまさかのショートカット発言、それならお言葉に甘えてと仰向けになります。

デコルテのマッサージは普通、メンエス的な感じはたまに目が合ってニコッとなるだけ。

オッパイに手を伸ばすと「ダーメッ」でした。カウントダウンはすでに始まっていて、足元から鼠径エリア目指して一歩一歩昇ってくる。

ばっと開き気味の脚の間で鼠径部をグイグイしてくれます。微笑みながら視線を投げかけられながらも、核心的なものはナシ。

評価が難しいんですが、よく考えると今回のコースはお試し的なのかなというのが結論、本コースでチャレンジすればまた違うかも。

情報局ポイント

メンズエステ『ハンドレッド(HUNDRED)』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ