『マリアスパ(Maria Spa)』体験談その1。大阪谷九での想定外

吐息が交わる距離感のべったり密着

『マリアスパ(Maria Spa)』を利用した際の体験談です。

新たなキャリアアップを図るため、これまでの勤め先を辞めてしまった、30代のいきなり崖っぷち男子の増田です。

果たして望める職業には就けるのか、いくつかの会社にアプローチ中ですが、不安いっぱいの毎日です。

心の震えはどうすれば治まるのか、そうだメンズエステがあったんだ。私に勇気をくれた選択肢です。

早速向かったのが大阪ミナミ。別にこの時点では予約はもちろん、お店すら選んでない状態。スマホで探そうか、マンガ喫茶の大画面PCで探そうかと、人生の分かれ道ならぬメンズエステの分かれ道に立たされることに。

今のバイオリズムはこういった状況の連続なのかなと、考え抜いてマンガ喫茶に駆け込みました。

ソフトドリンクでのどを潤しながら優雅に検索。あれココ初めてだなと気になったのが『マリアスパ(Maria Spa)』です。

 

『マリアスパ(Maria Spa)』

 

そのお店のセラピストのAさん、その刺激的なスタイルに目を奪われました。

この人に決めた、その日一番の決断力を発揮しました。

不安なのが指名できるか否か。電話を入れると早い時間なら可能とのことで、希望通りではないにせよ「それでお願いします」と伝えました。

場所は谷町九丁目ルーム、駅からすぐのエステマンションでした。

すれ違った女性が「ニッコリ」。もしかしてどこかのお店のセラピストかな。もしそうならそこでも良いと浮気な私(Aさんごめんなさい)。

ここからは本人確認の時間、果たしてプロフ写真とのギャップや如何に。

いやっ、お綺麗なお姉さんでイメージが崩れるってことはありません。

スレンダーと勝手に想像していましたが、意外としっかりした体格。これはいい意味で期待を裏切ってくれました。

コスチュームは、安定感たっぷりのオッパイブリンなTシャツとタイトな超ミニ。パンチラはエステ開始までお預けでした。

コースは90分、Aさんには特別指名料が加算(1,000円)され13,000円。ここで終わると思いきや、オプションのススメでオリジナルデトックス2,000円を加えると15,000円の出費です(思ってたのと違う)。

オイルの前にはシャワーと戯れ、エアー紙パンツで穿いた気分を味わいます。

設置されたマットの上に身を置き、エステが始まります。

マッサージ力はメンズエステのレベル。まあ癒し効果と言うラインを目指しているのでしょう。

いろんなエピソードをお持ちのようで会話は楽しい。普段は無言を貫く修行僧のような私も、ついつい質問を多目にしてしまいました。

会話はキワキワが本格化するところまで続き、オイルが始まってからの記憶が断片的。

でもキワキワは深さがかなりあったので、気持ちよさは記憶に残っています。

おテテはアソコを探すように伸びてくる、位置情報を確認すると刺激するのをやめません。

勃起からの勃起。スーパーサイヤ人2のような稲妻のように、Aさんのおテテが纏わりつくことに。

あまりの快感から逃げ出さないようにと、密着力も高まり完全マーク。

ここから逃げる男子がいるなら見て見たいものだ、私は完全にAさんの囚われの身です。

そこから密着は基本とばかりベッタリ。吐息が交わる距離感もあって、スイートなムードが辺りに立ち込めます。

そうそうスカートの中はさわやかなカラー。覗かずとも見せてくれるような態勢がたっぷり(特に頭上からの鼠蹊部への伸びは最高)。

おさわりには少し厳し目ながらも、軽やかなタッチならOK頂きましてありがとう。

「どうなるのかな」なんて考える必要なし。ラストは安定感たっぷりの鼠径部集中でキワキワからのガッツリでした。

料金的には高めでも、この内容ならしょうがないと思える施術。Aさんならもう一回行ってもいいのかな。

情報局ポイント

メンズエステ『マリアスパ(Maria Spa)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ