『ポニーテール(Pony Tail)』体験談その1。大阪の出張エステ

指先はイタズラに敏感な部分ばかりをなぞってくる

『ポニーテール(Pony Tail)』を利用した際の体験談です。

ソコソコ大阪の過ごし方に慣れてきた、40代の会社員の馬場です。

とはいっても大阪で住んでいるわけではなく、出張の機会が多いことが要因です。

泊りがけで数日間てことが多いので、最終日の夜などはちょっぴり贅沢な時間をメンズエステに出向いて過ごすことに決めています。

その日はググりにググった挙句、見つけたメンズエステが全滅と言う悲しい結末。

仕方ないので、出張系のメンズエステに初挑戦することにしました。

ビジネスホテルに出張してもらえるのかという不安がありますが、お店的にはそういったケースを想定している模様。私的に心配なのは、ビジネスホテル側がどうなのかということ。フロントに問い合わせるのもなんですし、流れに任せてやれと思いきる切りました。

あっお店の名前は『ポニーテール(Pony Tail)』です。

 

『ポニーテール(Pony Tail)』

 

カワイイ女の子たちが揃っていて、ホームページには「鼠蹊部を中心としたオイルマッサージ」を提供するなんて文言がチラリ。

さらにはラブホテルへの派遣にも積極的とくれば、ウウーン楽しみ一杯じゃあ~りませんか。

予約はすでに完了しており、後は女の子の到着を待つばかり。待つのって結構ドキドキするものです。

出張費無料エリアの大阪市中央区にあるホテルでも、大体40分くらい待ったでしょうか。立ったり座ったりを繰り返しソワソワ。

何かどうにもできない感情に支配されておりました。やっと到着の気配。お迎えしたセラピストはMさん。20代半ばのスラッとした長身セラピストです。

お顔の方も中々グッド、お胸の発育状況も悪くはない。言葉使いはまあ普通で、ちょっとサバサバしていたかな。

最初はデリヘル的に受付を促してくる感じで、コースの説明やお支払いの案内です。

いろいろ吟味した結果、90分コースにオプションを加えて16,000円のお支払いとなりました。

オプションの効果としては、偏った施術へのチケットとなる模様。ウンそうなんでしょうね。

ただ、これが思いのほかすごかったのは、後ほどお伝えすることにしましょう。ここからは別行動、Mさんはセッティング、私はシャワータイム。

慣れてる人は到着までの時間を使ってシャワーを済ませるらしく、ついしまったと思うのでした(5から10分くらいのロスになるのかな)。

シャワーを終えるとセッティングも整い、Mさんもサービスモードのお姿に。拭き忘れを見つけて「拭いてあげる」て言葉に、お尻がキュンと上がったアラフォーです。

マッサージの流れは、よくあるメンズエステ的なもので特にどうってことはナシ。でもキワキワへの到達スピードはかなり速い。時間稼ぎなんて言葉、Mさんの辞書にはないのでしょう。

丸出しヒップの割れ目に垂らされるオイル。ツーッとOからIへと流れていく。そのオイルの軌跡を辿るように、Mさんの指先はイタズラに敏感な部分ばかりをなぞってくる。

「アア~ン」オッサンが発する言葉としては、あまりにも変態チックなトーンにMさんも大ウケ。

キワキワもさらに奥地のジャングルエリアへ。間接と直接が交互に繰り返されると、居てもたってもいられずギブアップ。

「お許し下され」と申し出ると、Mさんからは天使の提案が。「ハイお願いします」。

スピードアップな手わざで第一章が終了です。給水タイムの後は、逆転マッサージから。結構許してくれたMさん、アダルトな声も流れ始めると、ムクムクとV字回復。

そこからは距離感数センチという状況で、ラブリーなマッサージの後、第二章見事に完結の運びとなったことを報告いたします。

次の日は朝までぐっすり。出張マッサージの味を占めたことから、今後のメンズエステの楽しみ方が変わるかもしれません。

情報局ポイント

メンズエステ『ポニーテール(Pony Tail)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ