『クオリティ(Quality)』体験談その1。大阪梅田の本格マッサと癒やしの空間

もどかしさと気持ちよさの狭間を往ったり来たり

『クオリティ(Quality)』を利用した際の体験談です。

どうもです。3度の飯よりオイルマッサージを意識する、某アウトレットモールでのスポーツ系ブランドのショップで働く30代後半の林です。

この世代になってきて感じるのが、彼女を作るよりもお店の女の子がその代りをしてくれれば、それで満足してしまう自分がいること。

何かいろいろと疲れているのでしょうか。

まあそんなこともひっくるめて、癒してもらおうと向かったのが大阪市内のメンズエステ『クオリティ(Quality)』ってところ。高品質提供型と、聞きなれないコンセプトを打ち出しているお店。

 

『クオリティ(Quality)』

 

いわゆる健全思考と、男性の期待に応えたいってことなのでしょう(勝手に解釈)。

まあでもこういったお店は嫌いじゃない。一見健全サロンに見えたお店が、後半突如としてそっち方面にシフトチェンジする。そんな経験は表現しづらいくらい、満ち足りた気持ちにさせてくれるからです。

中々希少なことなので体験数は数えるほどですが。

さて今回はどうなのでしょうか。ちょっと気になるのがセラピストの紹介、簡単ながらも詳しく各々の魅力や経歴を紹介されているのに、年齢や体のサイズなどはスルー。

「健全店にそんなものは必要ない」「我々は技術で勝負しております」と言われればそれまでですが(少しはブログでカバーされていました)。

予約を取って案内されたのが、ほぼ梅田の西天満エリア。梅田駅から歩いて10分くらいのマンションです。

周辺には広めのパーキングがあるので、車で行くのも悪くない選択肢です。

入店前に確認を取ってから部屋へ。お出迎えしてくれたのはMさん。歳は私と同じくらいかなどうかなと思えるくらい。

体型はムッチリ系で、膨らみは良い感じ。よくあるエステ服でもラインが出るほど、そこらへんはかなりそそります。

ルックスはまあ普通の愛嬌ある風貌、過度な緊張は不要です。

マンション自体が庶民的なので、部屋も想像通りなアットホームさ。狭いですが、それなりに整ってはいるのではと思います(特別嫌な感じはなく、清潔感は高かった)。

料金は90分12,000円、新規割で1,000円オフになり11,000円と相場より少し安いですね。

シャワー後の紙パンツに関しては、無くてもオーケーなようです。

私的にも健全な面持ちで臨んでいたので、ノーパンが許された時は興奮しちゃって、始まる前からギンギンです。

さりげなくそういった感じをアピールしながら、横になってマッサージスタートです。

ほぐしは丁寧で力強い、しっかりゆっくり時間をかけてほぐします。

もうそろそろいいんじゃないのってころから、5分くらい経ってのオイル、やっとって感じかな。

オイルは意表をついて背中から、タラッと滴るように塗布し、エステというより揉みほぐし。

ゴリゴリの凝り退治に、もどかしさと気持ちよさの狭間を往ったり来たりです。

頭上に座って肩まわりから一気に腰まで伸びる場面アリ。

お尻の入口までくるドキドキ感と、後頭部に感じる密着感。そして頭を上げた時にチラリとしそうな風景に気分が盛り上がってしまいました。

続いて足元から、ほどなくしてカエルにさせられ、スッと鼠径へ手が伸びてくる。

直接的指導は弱く、若干単調な動きにも思えるので、正直言うと勃起にはつながりませんでした。

逆方向では少し深くなり、ジワッと硬さは取り戻せましたがそこまで。

仰向けでは、そこそこ名場面がありました。手のマッサージの時に自らの太ももにおいてくれるのですが、なんとそこはスカートの上ではなく生太もも。

これも意表をつかれた感じで柔らかさを楽しむ程度。もしかして誘っていたのかなと思うと悔いが残ります。

ラストは鼠径部を重点的に。当たる回数も増えてきますが、何か単調なんですよね。

なのでハーフ勃起のままで終了となりました。

帰り際軽めのタッチでスキンシップを取らせてもらい、寛容度のあるところも確認。次回への宿題がたくさんできた形です。

情報局ポイント

メンズエステ『クオリティ(Quality)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ