『ミセスレディアース(Redy Earth)』体験談その3。大阪谷六の清純美人

チラリズムもかなり積極的

『ミセスレディアース(Redy Earth)』を利用した際の体験談です。

暑くなり始め、仕事である自販機のルート管理の仕事がかなり忙しくなりヒーヒー言っている田原です。

大変でも、結構自分の時間が作ることができるので、ひとり好きにはピッタリです。

ひとりの時間にすることと言えばスマホ弄り。その中でもオイルマッサージ店のチェックは欠かせないルーティーンだったりします。

そしてこの間の休日に、あるお店にリピートしてきたので、その模様を伝えて言いたいと思います。

そこは大阪市内にルームを置く、大人女子を集めた『ミセスレディアース(Redy Earth)』

 

『ミセスレディアース(Redy Earth)』

 

セクシーな雰囲気はもちろん、プロフ写真などで見せる大人の余裕を感じる口元の表情がいいんです(とはいっても今回2回目だけどね)。

予約では、この人良さそうとMさんを指名。たまたまタイミングがあったというのかな、運命の出会いに感謝です。

ルームは確か谷町6丁目。街の雰囲気は、表通りは大きなオフィスビルなどが建ち並んでいますが、そこから一本裏通りへと踏み入れると、住宅が入り組んだエリアとなっています。

かなり道も狭めで、一見さんなどは寄せ付けない雰囲気を放っていたりするかも。迷ってしまうね。

見どころは、大阪城が近くにあったり、隠れたおいしいお店があったりします。

アクセスは谷町6丁目駅から降りてすぐ。マンションに到着すると「どうぞ」とやさしく迎えてくれました。

Mさんの雰囲気はいい美人。さわやかで都会的、どこかの社長が持っていっちゃうのなかぁ~なんて切なく思って見たりして。

今を楽しもうと切り替えられるようになったのが、40代の男の嗜みです。

設備の方は普通かな、シャワールームなど最低限のアメニティグッズが揃っている感じ(あれっ、十分)。部屋の雰囲気はムーディーで、小物なんかもおしゃれであります。

照明の加減でMさんの色気が炸裂、見つめてくるその瞳に吸い込まれそう。

スタイルはスレンダーでおっぱいも推定B。でもねそんなBの谷間が浮きブラしそうでドキドキナンです。

ちょこっと言葉を交わしてシャワーへ案内。パンツはナシでマッサージが始まります。

コースはオイルデトックス120分、指名料を入れて16,000円。オリジナルの施術があるんだとかで奮発してしまいました。

とはいってもトリッキーじゃないのが大人の正統派メンズエステ。しなやかなほぐしの立ち上がりです。

マッサージの腕前はいい感じ。「お疲れですね」「そうですか」「うん、スゴイ」。この「うん」てのがキュンキュンポイント、グッと距離を縮めてくれた気がします。

背中や足腰の張りを感じたことから、ほぐしはすごく長め。120分もあるのだからかもしれませんが、オイルデトックスをもっとという気になってしまう邪な私です。

オイルが始まるとどうなるのか。手触りに若干の大人ムードが、しかし健全ラインが基本で、メンズエステが感じられたのはカエル脚になってから。

待ってましたかのごとく、鼠蹊部を触ってくれるだけで喜んでしまう我が心とムスコ。溜めて溜めてと言うのが効果につながっているのでしょう。

そこから四つん這い状態。膝立ちからの腰おろしで、Mさんの太ももや膝に触れてしまいそうでプルプル。「楽にしてください」と腰を下ろさせてもらい「ウフ」。

腰や背中なども長い、すっかり息子も平常モード。いくつかチラリズムや密着などがあってオオーとは思いましたが、特別エロいことにはなりません。

仰向けではメンエス度がクッと上向く、チラリズムもかなり積極的な状態で見えています。

鼠蹊部へのアプローチもいい感じですが、何か物足りない。それはMさんとの距離が遠いから。

私の苦手なセンターポジション、こっちこっちと手招きすると「えっここですか」と、近くへ寄ってきてくれました。

最後は温もりを感じることが出来ました。

多少高くは感じたけど、忘れたころにまた来るかも。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセスレディアース(Redy Earth)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ