『サナンド(Sanando)』体験談その3。大阪南船場のガッツリエステ

核心的な到達具合になると凄いキワキワ

『サナンド(Sanando)』を利用した際の体験談です。

こんにちは、桜吹雪の季節に大阪のメンズエステを嗜んできた38歳の店舗スタッフの篠原です。

どこにしようかなって時間が一番楽しい。大阪出張計画の約2週間前から、せっせせっせとお店探しをしておりました。

ここが良さそう、こっちはよくわからない、これまた怪しげなどなど、バラエティに富んでいるのがさすが大阪といった感じです。

金銭的余裕があればハシゴなんて贅沢なことも考えられますが、今回はひとつに絞るという決断を下さなければなりません。

アラフォー男子の心は、セクシーでキレイなお姉さんたちで溢れる『サナンド(Sanando)』と言うところに惹かれていきました。

 

『サナンド(Sanando)』

 

まずは声が裏返りそうになるのを必死でこらえながら予約電話。かなりいい対応をしてもらい、あるセラピストを指名すると「お目が高い」を頂きました。

大阪に上陸後、向かう先は中央区南船場2丁目と言うところ。心斎橋駅や長堀橋駅などが最寄駅になっており、そこから徒歩3分程度のマンションです。

私の場合は、難波から大阪観光を兼ねて徒歩でアプローチ。アッチコッチ寄りながらなので2時間程度かかりましたが、まっすぐ向かえば20分で到着できるでしょう。

「到着しましたよ」とオートロック解除に成功。エレベーターと心拍数が比例して上がっていく。「ついにこの時が来たんだと」グッと胸を掴みます。

インターホンから数秒後に扉がオープン。次第に明らかになって来るセラピストの全貌や如何に。

出ました、今世紀最高のワンダーガール。私の初恋相手を遥かに凌駕するトキメキを与えてくれたのはSちゃん。

コスチュームとスタイルの相乗効果でセクシーっぷりが実に気持ちいい。正統なチラリズムを、人生で初めて体験したといっても過言ではないでしょう。

奥へと案内され、ソファーにドスン。アラフォー男子の足腰はかなり疲労困憊なのです。

しばらくすると、ソファーがさらに沈み込むことになりました。

なんと隣にSちゃんがお座りになってくれるではありませんか。

ハハハッと大人の余裕を必死でみせるも、多分顔は真っ赤で、表情は緊張で引きつっていたと思われます(女性の免疫が中学生レベルなのを気づかれてしまったかも)。

カルテに記入する手が若干プルプル。恥ずかしいけどうれしい一時です。

さぞかしお支払いは結構な額なんでしょう。いやいやそんなことは無いんです。

120分が指名料込で18,000円。しかもシャワータイムは別に用意されていことを考えれば、決してお高いとは言い難いのです。

キレイなシャワールーム、ボディソープを手に取りゴシゴシ。

キレイになった体には、程よい切れがヒラヒラしているだけ。間もなくしてマッサージが開始されました。

流れはコレ知ってるって感じの、地元のリラクゼーションサロンでも経験したマッサージ。

足元から太もも、そしてお尻やカエル脚、四つん這いなどが組み合わされます。

核心的な到達具合になると、これがですね、すごいんですね。当ててくるというよりも触ってくる。起ってからではなく、起たせてくれるマッサージという表現が適当でしょう。

マッサージの最中、Sちゃんに目を向ける機会があるわけでして、チラチラと見えてくるものが刺激的なのです。

胸元の緩みから覗く、リアルなおっぱいの揺れ。短すぎるスカートからは奥深くに眠るパンティ。見る分にはタダということで、噛り付いて観察させてもらいました。

手を伸ばすと、テンションの下がり具合が見て取れる。無言の重圧に自重を余儀なくされました。

ラストは大阪ならではのセンター鼠径。ガッツリハマったSちゃんのハンドが快感をサポート。最高に気持ちいい瞬間です。

スッキリできたこと、Sちゃんに出会えたことを思い出に、地元に凱旋を果たしました。

Sちゃんがよければ、また行ってもいいかな。

情報局ポイント

メンズエステ『サナンド(Sanando)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ