『シークレットルーム’A』体験談その1。天満の秘密サロン

健全な雰囲気とメンエスの雰囲気のいいとこどり

『シークレットルーム’A』を利用した際の体験談です。

ショップ店員をしている30代の本田です。

ショップと言ってもゲームやアニメを扱うショップ。お客さんのほとんどが、子供やゲーム好きのお兄さん、サラリーマンの方たちが中心です。

こういった職場に身を置くと、果たして女性がこの世界に存在しているのかなんて思ってしまうほど。このままでは世間からずれてしまう、そんな思いを抱えメンエス通いを続けています。

大阪ではプライベート重視のマンション型というのが圧倒的に主流。僕の中でもメンエス=マンション型というのが意識づけられています。

プライベート感があるというのが、何とも言えないワクワク発生の源泉。そんなことも影響してか、情報量が多いお店よりも極力抑えめの秘密裏な雰囲気の方が僕好みです。

そんな時にみつけたのが天満エリアにある『シークレットルーム’A』です。

 

『シークレットルーム’A』

 

ホームページはブログ。内容もサラッとしており、出勤情報やちょっとしたキャンペーンの案内に止めています。

こうなると知りたくなるのがメンエス男子。ブログを丹念に読み、情報収取を行いますが、それでも不確かな部分が多々ありました。

ここまでくれば突撃しかないと、電話を手に取り予約開始。意外に苦労してしまいましたが、何とか成功です。

場所は天満駅から徒歩数分のマンション。ブログにはアバウトですが、しっかり伝えられており案内も受けられるのでご安心を。

到着して、まず最初に感じたことが「アレ前にも来たことあるぞ」。そう、この建物はこのエリアでは有名なメンエスが集合しているマンションだったのです。

部屋は違えど、セラピストにばったり会ったり、男性客とすれ違ったりすることも結構ありそうと、いろんな意味でのドキドキを抱えながら部屋へと向かいました。

プッシュし、ガチャリと開いたドアの向こうにいたのは、色白キュートなセラピストです。

胸元がとっても印象的なコスチュームで掴みも完璧。セラピストの名前はSちゃんです。

部屋はワンルームで独立、完全なるプライベート空間。清潔感やおしゃれ度も申し分ないといえます。

受付ではいろんな用紙への記入あり。考えながらだとそれなりの時間がかかってしまいそうなので、感じるままに思いをそこへ落とします。

コースは90分12,000円。セラピストは少なかったので指名はしていません。

バスルームへ移動し、シャワーから紙パンツ装着。かなり念を押してきて、スルーなんてもってのほか。さらに健全な大き目パンツでガッカリです。

部屋へと変える足取りが重い。やってしまったと不安要素が脳内を駆け巡ります。

とはいっても、もうこの時間をSちゃんのエステを楽しむしかない気持ちをしっかり持ちます。

始まってみると不安とは裏腹に、それなりにメンズエステしている。イヤそれどころか結構グイグイ来るではありませんか。

健全な雰囲気とメンエスの雰囲気のいいとこどり。キワキワと胸元が妙に輝きを放っているのです。

いつもセクシー度やエロ度の高さというのを求めていた僕には新感覚で妙に興奮してきます。

程よき密着から伝わるSちゃんの柔らかさに気分はハッピー。テンションも上がってきます。

手のマッサージでは、自らおっぱいに押し当ててくれるのはもちろん、腕になると太ももの間に置いて跨ってくる感じ。完全に僕の指はSちゃんのスポットを捉えていました(あくまで偶然の産物というのが肝です)。

忘れていましたが、後に大きな紙パンツの意図が。鼠蹊部マッサージがやりやすいとの名目でハサミを入れるという一種の演出。これはこれでドキドキするものです。

鼠蹊部はかなりガッツリやってくれるので元気ビンビン。十分に納得できる内容となりました。

流れを知れたことで、もう一度変な不安なく、全体像を味わいたくなるお店というのが感想です。

情報局ポイント

メンズエステ『シークレットルーム’A』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ