『ヴィヴァーチェ(Vivace)』体験談その1。新大阪の健全マッサージ

圧のかけ方や筋の延ばし方など本格的なアプローチ

『ヴィヴァーチェ(Vivace)』を利用した際の体験談です。

大阪の玄関口と言えば新大阪、仕事での出張時には、まずここに降り立っている40代のサラリーマンの二宮です。

大阪への出張時にはちょっとした楽しみが、それはお姉さんがエステをしてくれるお店に遊びに行くことです。

しかも地元と違ってエロス的要素が強いのだから、男性としてはありがたくそれに乗っかるだけです。

40代になってもアッチの方が快調でいられるのは、こういったエステのおかげかもしれません。

その日はあいにく仕事が長引いてしまい、中々エステに割ける時間が取れない。そこで帰り際に寄れそうな新大阪のお店をチョイスしました。

お店の名前は『ヴィヴァーチェ(Vivace)』。本格的なアロマトリートメントがウリらしく、セラピストさんたちはアロマテラピーやコーディネーターなどなど、すごい肩書を持った方ばかり。

 

『ヴィヴァーチェ(Vivace)』

 

ただ少し気になるのが、セラピストの画像が掲載されてない点。やはりこういったお店は、セラピストのセクシーショットなどで意欲を高めるはずなのに、それがない。

と言うことは健全的なもの(本格的アロマトリートメント)に特化しているかもしれないと感じてしまいます。

また、それに追い打ちをかけるのがアロマ日記なるもの。ためになることばかりが綴られていて、あろうことかガックシしたのはなぜでしょう。

まあしょうがないと予約電話。年齢で選ぶのも失礼かと思い、紹介文だけではわからないので、指名なしで行かせてもらいました。

新大阪駅から案内を受け到着したマンション。室内はかな~りおしゃれで清潔感も抜群。メンズエステ的要素と言えば、マットタイプだというところでしょうか。

なお鏡もありましたが、明らかに覗き的使い方でなく、身だしなみを整えるために使えるよう、部屋の隅に立てかけられていました。

今回担当のセラピストさんはSサン。年齢からくる人当たりの良さが印象的で、悪い感じはしません。

女性としての魅力がありますが、セクシーアピールはナシ。接客も健全店をうかがわせるもので、双方の思惑が平行線を辿ってしまうのではという懸念が残ります。

お金の方は90分コースが12,000円。1,000円オフのイベント料金です。

シャワーを浴びて紙パンツはナシでもOK。ゲンキンなもので、その瞬間込み上げてくるものがありました。

マットの寝心地の良さを感じる余裕も生まれ「さあいつでもどうぞ、あなたのお好きなように」。

簡単なほぐしの時点ですでにうまい。圧のかけ方や筋の延ばし方など、本格的なアプローチ。ビキビキっと凝り固まった体が解き放たれていきます。

オイルトリートメントも心地よい。なんといっても手の温もり具合が尋常じゃないほど高い。

熱を逃がさないように密封しているのでしょうか。

一通り進んだところで、定番的な問いかけ。マッサージの具合や職業など聞き上手でもあり、話し上手でもある。ただ下ネタ系へはどうしても話題を発展できない空気があり、そこん所は気を使いました。

際どい箇所になると「この辺りも良いですか」と尋ねてくれ、期待感を持たされます。

しかし思いのほか浅め、これからというところで遠ざかっていくのが寂しい。

手つきがしっかりしているだけに、このまま踏み込んできてくれたらそうとう感じるだろうなと言う妄想で、その場を凌ぎました。

足を広げるもののカエルとは言えず、四つん這いももちろんナシ。聞いてみると「なんですかそれ」といった感じで変態的な扱いを受けそうなのが怖い。

それ以上に、気まずい空気の中でマッサージは受けたくないので流れに身を任せておくのです。

仰向けではお腹が勃起ポイントかな。何度か掠りフル勃起、それからはクイッと避け気味で残念。

気持ちがこもっているマッサージなので、終了後はとても体は楽になりましたが、満たされない思いを抱えながら大阪を後にするのでした。

また行きたいかどうかと言われると30パーセントくらいかな。

情報局ポイント

メンズエステ『ヴィヴァーチェ(Vivace)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

大阪のメンズエステの記事

大阪のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ