『和心』体験談その3。東京の出張エステは鼠径と密着の天国でした

大胆な密着からのディープな鼠径

『和心』を利用した際の体験談です。

仕事関係で東京へ出張してきた、医療系の職に従事する30代前半の金子です。

いや~学ぶべきことが多く、刺激的な毎日が過ごせて、とても充実していました。

今更ながら上京しちゃおうかなと思ったくらい、地元へ帰ってくるのが名残惜しかった。

その要因のひとつが、ホテルの部屋から呼び寄せた出張マッサージの存在です。

私の地元にもメンズエステのお店がそこそこあって、周囲のエリアと比べると繁栄ムードなんです。

なのでそこそこ目と鼠蹊部が肥えているつもりでしたが、今回の体験で上には上が居ることを改めて実感させられました。

そのお店のひとつが銀座発『和心』という、熟女系のマッサージ店になるのですかね。

『和心』

 

プロフィールではアラサー世代を装っている感じですが、多分一部の方は5歳くらいは誤魔化しているような気が。

なぜそんな気がするのかって、だって各セラピ達はブログをやっていて、そこでは結構な頻度で顔出ししていて実年齢が窺えてしまうから。

でもね、熟女好きの私にとっては大歓迎なことなんですがね。

そうそうセラピスト選びに関しては、お店の指名ランキングを参考にするべきか、自身の心の声に従うべきか、悩みましたね。

ただ時間が過ぎ往くのはもったいないので、最終的には心の声に従いましたが。

予約もスムーズに行なえ、あとはホテルの部屋で到着を待つのみ。

しばらくして到着の気配、出会ったアナタは東京の女のAさんです。

Aさん、目鼻立ちのハッキリした美人なOL系。常識人としての立ち振る舞いが出来る、大人の女性でもあります。

スタイルも中々興味深いところがあって、スラッとしながらも頼りがいのあるボディ、バストも大人でE具合。

いきなりマッサージ始めますではなく、まずはアンケート用紙への記入をして「ああしてほしい、こうしてほしい」なんて要望を伝えます。

目を通じてフムフムされているのが、なぜか恥ずかしいのはご想像の通りです。

料金は120分コースが初回割で20,000円、指名料・交通費を合わせて合計22,000円となります(高級)。

私がTバックに穿きかえてるうちに、お色直しをするAさん。

身軽なエステスタイルに変身。タイトな上下、ミニスカはすでにパンチラしていて、どうにもこうにも目が離せません。

ベッドに寝るとストレッチや指圧で体の緊張を解きほぐす、これがしっかり目のマッサージでさすが東京って感じでしたね。

タオルを片足だけ捲りオイルの塗布。跨りスタイルでパンティ越しの温もりを伝えながらの、優しいストロークで和ませてくれます。

両足終えるとお尻まで捲られ、最後の砦はTラインのみという状況。

ここは必要以上に丹念にスローな手わざでマッサージ。お尻の山をグイングインとした後は、割れ目に沿ってのフェザー。オイルもたっぷり目で参っております。

足を曲げてカエルになると、大胆な密着からのディープな鼠径。紙パンツの上もしっかりと感じ始める私を見て「コッチはどう」と、紙パンツに侵入させてのリンパの向こう側。もう言葉が出ません。

さらに同時進行で、太ももを挟んでのグニグニとした動きもあって、このまま時が止まっても悔いなしなほど満たされてました。

仰向けでは、谷間もパンチラもお顔も見放題。迫力満点の接近戦が繰り広げられますが、Aさんのポジションは常時足の間、中々オサワリしづらいところですね。

一応手を出すのがマナーとばかりに隙を見て揉みっと、「ダメですよ」「じっとしててください」と優しく諭してきます。

本来なら強引にお願いする私が居るのですが、目が若干本気モードだったのでステイ。

その代りなのか、ストロークの度Aさんのオッパイがお腹や下腹部に密着していました。

終盤のM字リンパでは紙パンツもズレて・・・。

ちょっと高いですが、レベルの高い熟女に会えるのは嬉しいですね。

情報局ポイント

メンズエステ『和心』
セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ