『ドゥーエ(c-due)』体験談その2。愛知名古屋の可愛らしさのある大人めセラピ。

トプトプ、ヌルゥなストローク。

2交代制の工場で働く毎日に体内時計が狂いそうな、30代後半男性、西村です。

そんな狂おしい日々にホッとできる瞬間がエステタイム、何か最近リラックスを求めに行っているような。ってことで行ってきたのが『ドゥーエ(c-due)』こんなエステがあったんですね。

そんなに話題にはなってないものの、いくつかの体験談などがあるってことは、何かある穴場スポットかも。そう考えると、行ってみたい思いが強くなるものです。

まずは出勤情報を確認したりツイッターで予約状況にも目を通してから電話を。即入室OKを頂き、グッドタイミングにドヤ顔の私。案内されたのは伏見ルームになります。

アクセスの確認は伏見駅から白川公園の方へ歩いて5分くらいのとこにあるナイスなマンションです。環境的にも非常に知的感性を擽られるような街並みですね。お邪魔するときの合図をすれば開くオートロック、そしてご対面へ。

相手はRさん、可愛らしさのある大人セラピ、礼儀正しさや言葉使いから溢れ出す女性的色香がありますね。

スタイルはスリム、そう見せといて女性的な曲線を持ち合わせる安心感のあるボディはイヤじゃないです。

部屋はワンルームで豪勢な雰囲気、マットや鏡だけでなくオイルボトルや照明の数々に至るまで、お店の本気度を感じるね。

初対面ならではの軽めの探り合いをしつつ、オプション等々の確認も。ふんわり泡マッサージは説明不要、謎なのがセレクトと言うもの、どうやら神Pが透明になるらしいです。

セラピの親切心がここに来てありがたい、神Pはスカスカなので穿いてもあまり変わりませんよと教えてくれました。(逆にチップでも弾んじゃおうかな) したがって泡のオプは追加願います。(上手くやられてたりして) 

フリー割90分が12,000円でオプ2,000円で合計14,000円の支払い。

シャワー、黒の神Pはメタル調に見えてカッコいい、締まりなくポロッと横ハミしそうだけど、私の祖チンではハミ出さないみたいです。気を取り直してエステを受けましょう。

まずは丁寧な指圧から、クッぅとした圧で筋張ったところを解放。そんなに強くは無いのに解れていくのが摩訶不思議アドベンチャー、お尻と太ももミックスのところですでに如意棒が伸び始めてる。

オイルはそこから間もなくして、足先をサワッとひと撫で、オイルがトプトプ。ホットプレートに油を広げるようにヌルゥなストローク、結構小刻みに来るのがセラピの特徴かな。

太ももに入ってくると、助走を付けながら「アンッ」なところにも。健全な際どさながらも微妙なところを刺激してくるのはセンスあり。

カエル脚の説明もしてくれます。「足をこうやってこう」そんなところがセラピが愛おしく感じるところかな。通常運行を重視、神P侵入も少しだけ、当たってるような当たって無いような、如意棒の向きに不具合があったかと。

逆サイドになれば見つけてくれた、掠りも入り始めてセラピも私も一安心てか。少し体勢を変えて、奥深く大胆さが見いだせる施術に「クスクス」そんな笑がセラピから生まれます。

私の如意棒は限界まで伸びきってました。仰向けになり、今度は体で大胆さを「ちょいと失礼」てな感じで脚を跨いで。股間の上にも圧が掛かってない訳じゃない、貴重な感触に身を委ねること数分間を経て泡タイムへ入ります。

出来たてホイップをササッと神Pの中へ放り込みながらの鼠径エリア全般。如意棒へのアクセスは格段にアップ、と言うよりほぼ集中。私ハイになってます。

恥ずかしい言葉もたくさん出たと思います。確かな意識レベルでの融合もあったはず、しかしスポンッ、手が抜けてゆくぅぅ~。

雰囲気は良かったですけど、パンチがあと一歩欲しいとこ。まずは基本のジャブをマスターしようって言う腹積もりかな。

情報局ポイント

メンズエステ:『ドゥーエ(c-due)』
セラピスト: Rさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です