『デルニエ(Derniere)』体験談その1。愛知名古屋で思いがけない天国ルーム

終始幸せタイム

『デルニエ(Derniere)』を利用した際の体験談です。

スーパーなどで売ってる直火で煮込むうどんが、安上がりでおいしくてお腹を満たしてくれるので、かなり買い込みストックは業者並みとなっています。

ひとり暮らしってこんなもんですよねと、学生時代から全く進歩のみえない45歳の溝口です。

仕事は紆余曲折を繰り返し、何とか今のところに採用。某進学塾の事務作業を担当しています。

そんな私は積極的に癒しを求めるのが大好きでして、オイルマッサージを主軸として、いろんなお店に足を運ぶのがちょっとした日課です。

最近の思い出深いお店となったのが、名古屋にある『デルニエ(Derniere)』

 

『デルニエ(Derniere)』

 

ホームページはどこかで見たことあるデザインのやつですが、語りかけてくる色気を感じたのでここに決めました。

キャストは若干年増風なので、熟女的な癒しが受けられそうなのも期待してしまいます。

料金は60分9,000円、90分14,000円、120分で20,000円と、少しマッサージ系の設定としては高め。

たまにお世話になる格安デリヘルがこんな感じだったような(そのライン求めていいのかなぁ~)。

お店としても少し高くしちゃったかなという思いが見え隠れするのが、指名料を500円にしているところ。

あんまり意味なさそうですが、不思議と安いって思わせられるから困っちゃうよね。

500円なら指名すべきと、おっぱいに注目しながらYさんを選び予約を取り付けました。

レッツマンション、東区泉一丁目の一画にマンションがあります。

この辺りはマンションが建ち並んでいて閑静なエリア。最寄駅は久屋大通駅と高岳駅で、どちらからも10分は必要で若干遠い気が。

駐車場が多いので車で来てもよかったと、少し後悔してしまいました。

「こんばんわ」と夕刻時に突撃、Yさんが迎えてくれます。

紹介文通りのそのままで登場。タイトなワンピースは効果抜群で、ボディのメリハリが明確に認識できる。

胸の膨らみは最強レベルに盛り上がっておりました。

部屋に通されると施術台とご対面、アレアレと何かしらの縛りを感じてしまう邪な私。

どうぞと差し出されたチェアに座って受付をします。

地べたな世界に浸りすぎたせいか、高い目線に心もとない気持ちを抱えながら、90分コースの料金12,500円(指名料込)を提出。

新規割の適応で2,000円ディスカウントしてくれるも、120分に行けない高い価格差の壁がそこにはありました。

サッパリとシャワーの後はお待ちかね、高まる鼓動と共に角度も90度まで上がってきます。

久々の施術台にバランスを崩しながら、誤魔化すようにヘッドスライディング。日頃の運動不足が祟ってます。

うつ伏せから始まったマッサージは、足元から一気に練り上げるスタイル。

ヒップを押し込み、割れ目を開こうとするかのようにアグレッシブ。かと思えば外へと外れていく焦らしも収得済み?いやこれが基本か。

この時点でフル勃起に至っていたので、カエル脚からの一発目がちょっと恥ずかしい。手が当たった時にはカッチカチな訳ですからね。

軽く微笑まれながら、勃起に沿った深い癒し。手だけでなく、おっぱいも押し付けてくるテクニックもアリ。

これは施術台だからこそ、容易に実現する部分だと思いました。

頭上に来たところでYさんの股間が頭部に。体勢をずらせば、今度は手に太ももなどが当たってきます。

当たってからがさすがで、そのままギュッと密着させてくる感じが堪らなく、ムッツリ心を刺激してくれます。

仰向けのデコルテは終始幸せタイム。こちらも私の顔の動きに合わせて押しつけを調整。

求めている感じを出すとよりグイグイ、ムギュムギュ、ハフハフ。息が荒れてしまいます。

そしてだんだんとエロティックに移行する頃には、こちらからもおさわりへ。

立ってることで防御力の減少が生まれている、したがって深いところまでグチョッと。

料金に相応しいサービス内容だったと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『デルニエ(Derniere)』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ