『ファーストクラス(First Class)』体験談その1。名古屋新栄の贅沢時間

当たる当たる、触る触る

『ファーストクラス(First Class)』を利用した際の体験談です。

どこで逸れてしまったのか私の人生は、気が付くと40前で未だにアルバイト。実家暮らしをしている秋山です。

昔の卒業文集などを見返すと、夢の欄にはパイロットとでっかく書いている。あの頃は夢いっぱいだったんだなあと、しみじみしてしまいます。

そんな私にもパイロットになれるチャンスが訪れまして、それを体験してきたのでここに記しておきます。

それは名古屋にあるメンズエステでのお話し。お店の名前は『ファーストクラス(First Class)』。セラピストのコスチュームが十人十色のセクシーCA。

 

『ファーストクラス(First Class)』

 

胸元ガッツリ、パンチラ必至の激ミニ仕様。エロさだけなら、大空ではなく宇宙まで飛んでいきそうな勢いを感じさせられます。

しかもノリの良さそうな女の子が揃っている感じで、他のお店に行くという選択肢は思いつくことがありませんでした。

「絶対行く」という強い思いから、予約はオープンと同時に。リアクションもよくサクッとできました。

CAセラピストを相手にするので、利用前にそれなりに身だしなみを整えておこうと鏡と睨めっこ。頭髪はどうにもならないので、ビシッとおしゃれなシャツで決めていきます。

ルームの場所は名古屋市中区、新栄駅からすぐの建物です。

「機長ですが」と伝え部屋へと搭乗。そこで待っていてくれたのはエロスのの伝道師Aさんです。

そのお顔はエロさが滲み出ており、男性を惑わせるには十分。加えてグラマラスなスタイルとCAコスチュームのコラボは、街中を歩いただけで警察が飛んできそうなほどです。

Aさんに手を引かれて向かった部屋は入ってすぐのところ。ファミリータイプなので、数部屋あるそうです。

部屋の雰囲気は照明がいい感じで明るさを表現しており、無駄に暗くないのが好印象。Aさんのボディも見放題だし。

やっぱりパンティが見えてしまっているんです。

「見せパン」と唐突な質問に「後で確かめてください」。そ、そ、そんなこと言われたらどうしましょうか。

一応コースは90分ですが、何やらオプションの方がチラつきます。

ビジネスとファーストと言う2種類が用意。断ることも考えましたが、Aさんの表情がすでに「どちらにされます」と言っているのです。

究極の決断はビジネスで決着。まあ一歩ずつ着実に歩むことを選びました。

結局お支払いは13,000円にオプション3,000円、指名料1,000円で17,000円です。

Aさんのエスコートによって機長はシャワータイム。その後部屋にひとりで戻って待ってると、Aさんのご帰還です。

さあついに離陸の時間、機長の体をほぐしながら軽快なトークで和ませてくれます。

フェロモン系ですが、トークを楽しめる気さくなところが魅力。下ネタ系もOK(むしろ好きな方)とくれば言うことありません。

もともとメンズエステも経験があって、それなりに名を馳せていた模様。そのためかマッサージがしっかりしています。

気持ちいいと感じられるのはとても大きい。横になっているだけだと結構退屈するからね。

そしてお待ちかねのリンパゾーン。忘れたけど、一声かけてからっていうのが「これからエロいことをしますよ」と言っているようで気持ちが高まります。

すでにねオプションもこの時点で入っているようで、当たる当たる、触る触る。

迷いのないセンターリンパが、いろんな意味で気持ちいいのです。

四つん這いもあったり、態勢を変えての鼠蹊部があったり。オッパイ当てられてのフワフワタイムでは自ら求めちゃいました(頭浮いてきてますよウフだってさ)。

ビーチク刺激もリクエストすると「ココも好きなの」と指先でコリコリ。軽くつねったりもして、Sの部分も見せてくれました。

それからはどうやって着陸するのかというところ。まるでそれはロケット発射の角度で、手の平や腕を使っての鼠径エステ。エネルギーをしっかり充満することが出来ました。

かなりの優良店発見。ワンルームじゃないのが残念だけど、それを補って余りある価値はありそうなお店です。

情報局ポイント

メンズエステ『ファーストクラス(First Class)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★★

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ