『リッツスパ(Ritz Spa)』体験談その1。愛知名古屋のペタペタだけど満足な体験

鼠蹊部ロックオンでメンエスバリバリ

『リッツスパ(Ritz Spa)』を利用した際の体験談です。

35歳の足立です。最近感じた変化と言えば、髭が一段と濃くなってきたこと、剃っても青さが消えないのよね。

口髭でも蓄えてみて、ダンディーサラリーマンになってみるか。エステは名古屋の『リッツスパ(Ritz Spa)』というオシャレ風味の強い女の子たちのお店。

『リッツスパ(Ritz Spa)』

青髭野郎には場違いなお店かもしれませんが、そんなこと気にシテられない。

だって今までいろんなお店で可愛がってもらってたからね、このお店も多分いい思いしてくれるハズ。

女の子たちは20歳前後ばかりかと思ってると、20代後半のお姉さんたちも多い。大所帯ならではの層の厚さってことかな。

個人的にはいろんな世代が楽しめるので、こういうの嫌いじゃないっす。

ただ誰にしようか悩ましく即決できないので「リッツコース対応セラピ」でフリー予約です。

エリアは東区泉、外堀通りから脇道に入ったところの住宅街。高級そうなマンションが多かったかな。

パーキングもチョコチョコあるので、車でのアクセスも良かったです。鉄道の場合は久屋大通駅が最寄りで、徒歩10分くらいって感じです。

マンション到着、ファミリー系2部屋か3部屋はあるみたい。室内は普通のマットルームで鏡完備、ゴミ箱にはビニール袋をかぶせられてて、中身は先客の名残ナシでした。

許容できる清潔感が保たれてるのかな。相手はMちゃん、キュートガールで、まだまだ学生ムードが漂ってて青春を楽しんでそう。

料金はリッツコースなので90分2万円、オリジナリティに特化した内容になるらしいぞぉ~い。

コッチコッチと手招きされるようにシャワールームへ。ふんどし風のTバックを穿けば、いよいよです。

いろいろ注文を聞いてくれるみたいですが、まずは普通にうつ伏せからスタート。軽く変化をつけるためか上半身から。

ほぐしはなくオイルをペタペタと塗ってくれる感じ。その後下半身へ移動して、足元からペタペタ。

フロッグタイム、足を横に出して鼠径を差し出す体勢ですね。オイルの摩擦が無さ過ぎて鼠径を感じづらく、中々勃起してこない。

そんな状況を認識してか「気持ちいい?」何となく心配そうな声で確認してくる。

ここは男の技量が求められるところ、言葉の選び方で方向性が決まってしまう。

私は「気持ちいいよ」「もう少しコッチも欲しいけど」Mちゃん「ハーイ」「コッチですねぇ」何か待ってましたって反応、どうやら正解だったみたいですね。

タマタマナデナデ、ソフトな手つきが逆に冴える。敏感な部分を想定しての力加減だったのかな。

ってことはこの力加減、体全体をそういった箇所と認識してるんじゃないのか。

そう思うとコーフン度も高まるね。「んっんんんっ」Mちゃんの手が何かを察知した模様。お察しの通り、めでたくフル勃起です。

若さは加減を知らないからね、グイグイのグイもひとつグイ(ヤバイ、イカされてしまう)。

「四つん這いで~す」重そうな腰持ち上げようと横向きになった時、「あっ横向きしますか」と。

せっかくなので、横向きで正面からという大胆なアプローチを入れ四つん這いへ。

横から覗きこまれて、お腹から下腹部・アソコ。紙パンツも横が開いてるので、ドンドン踏み込まれております。

仰向けは乗っかってくるよね。ロデオ状態で、お腹の上と少しずれてアソコの上にもしばらくの間向き合っても良かったけど、バックスタイルもかなり危険です。

そして極めつけはホイップでの仕上げ。ドッサリ乗ったホイップの中に両手を入れてクチュクチュされると、アップアップです。

チョイ高だけど、鼠蹊部ロックオンでメンエスバリバリ、たまにはこのくらいの贅沢いいんじゃないかな。

今度は普通のコースも見て見たいです。

情報局ポイント

メンズエステ『リッツスパ(Ritz Spa)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ