『ゆりかご』体験談その6。愛知安城の安定の熟女店

「若い子よりも敏感なんですね」。。。

普段の私はささやかな酒屋を営むただのオジン、しかしその実態は未だに春が終わらない、60前のギンギンギラギラ男子、中本です。

キャバクラ、風俗、チャイナエステなんでも来い、これが無かったら人生の90パーセントの楽しみがなくなってしまって、枯れ果ててしまうでしょう。

中でも一押しがメンスエステ、日本人女性ならではのおもてなし&セクシーが60前を心身ともに奮い立たせてくれるのね。

そして先日、配達の合間を縫って訪ねたのがお気に入り店の「ゆりかご」、熟女と言えばこのお店と言う有名店でもあります。

オジンになって若い子にうつつのぬかすなんてことは全くなく、熟女の魅力を愛しております。事前予約によって段取りはすでについており、迫る時間にはすでに近場でスタンバイ、妻には「ちょっと遅くなる」そう一言入れておいたので安心です。

こちらのお店は名古屋市内のルームが中心ですが、私の地元にほど近い安城市にも存在しておりそこへ。詳細を申し上げると三河安城駅の北側、新しいマンションがポツンポツンと見られ、ルームもその中のひとつとなります。

すっかり使いこなせるようになったオートロックを開けてもらうように願い出て、熟女の居る部屋を目指します。「あら」てな表情で迎えてくれたのはAさん40代中ごろの女性です。

歳の割には美を保ててるし基本的に綺麗な顔立ちをしている美人系、ボディラインも熟女ならではの肉付きに顔が緩んでしまうね。

セクシーポイントは胸元、太ももとあるけれど、個人的には唇かなぁ。厚みがあってぼってりで接吻したくなるんだな。

部屋についても少し、プライベートな個室、邪魔者は入ってこない二人だけの個室。床施術用のマットが置いてあり、二人で座れるソファがあり、部屋に暗がりと光を生み出す照明器具など。あぁやって来たんだと実感するよね。

支払いは総額は18,000円(90分コース15,000円、本指名料2,000円、OP1,000円)奮発するにはワケあるってね。

シャワー前にスケベオジンからのスキンシップには「ハイハイハイ」と甘えん坊を諭すように、オジンも邪険に扱わないのがありがたい。

さらに介護もしてくれるので服を脱ぐのも楽々ダス。シャワー浴び、妻にばれない無香料のボディーソープをたっぷりで洗いを掛けておく。

そしてマッサージ、まずは通常指圧で体を労わってくれます。会話も情報交換とか近況報告とかをしながら、熟女との会話は無駄がなく生活直結で続くよね。

オイルに入っても会話は続くも、私の頭の中にはソワソワする想いが芽生えるのは当然。信頼してない訳ではないけど、微かな不安に別口でドキドキと。

しかし不安一掃、またぐら撫で上げられた後のカエル脚は深い深い、年齢から反応は緩やかでも、反応するまでガマン汁(違った)我慢強く丹念にねぇ。ギンッと形が形成されたらしてやったり、手つきに現れてるもん。

イタズラ心が芽生えるのも無邪気オジンの特徴、コラと怒られたいのに、素晴らしい包容力に甘えてしまうんだね。結構色っぽい反応を見せるため、もう一歩を求めて「ダメッ」(ううん悩ましい)。

恥ずかしながら四つん這いにさせられて、妻にも見せたことのない羞恥のポーズ、羞恥心を煽ってくるのが熟女の指先。

「若い子よりも敏感なんですね」この言葉に思わず体温が激上がりですわ。

仰向けでは、センター鼠蹊部を集中的に。妖艶な視線と舐めるような手つき。オイルも練り込まれてベットリ絡みつくのに寄与しています。

でもね、時間が掛かるの分かってくれてるからね。じっくり焦らずマッサージしてくれシアワセ気分で終了。

また来たいと思わせる熱烈なサヨナラで別れた後は、あり得ないけどもしも妻から求められたらどうしようって不安が少し。

情報局ポイント

メンズエステ:『ゆりかご』
セラピスト: Aさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です