『アイラス(AILUS)』体験談その1。博多駅前のシンプルエステ

カエル脚では指先をピアノを弾くように躍ってビクビク

『アイラス(AILUS)』を利用した際の体験談です。

人生紆余曲折、35歳になり福岡でマッサージ師として再スタートを切ったばかりの千田です。

マッサージ業は簡単そうで難しい、相手に触れてサービスを施すものですから、お客様の状態を把握できるのはもちろん、受け手側のお客様もこちらの状態を認識してしまうのです。

「ちょっと今日(力加減が)弱くない」とか「リズムが速すぎない」など、調子の良し悪しが伝わってしまうこともしばしば。手抜きができない職業と言えます。

そんな私、実はマッサージをしてもらうのが大好き。休みの日などは、建前として研究のためとメンズエステに通わせてもらっています。

セラピストの技術を見極めるなんて、野暮なことは一切いたしません。下手でも上手くても無駄に要求せず、ただ身を委ねるだけ。それこそがストレス発散になるからです。

この間行ってきたメンズエステはオープンして間もない新店。

私見ですが、こういったお店はシステム面で成熟していませんが、セラピストのやる気が感じられるので、結構満足度の高い時間が過ごせると考えています。

予約時の電話対応も活気があってグッドでした。あっ、そうそうお店の紹介を忘れていました。

博多区博多駅東2丁目 にルームを置く『アイラス(AILUS)』です。

 

『アイラス(AILUS)』

 

サブタイトル的に「お客様との時間を大切に」なんて、カワイイことを言うじゃありませんか。

セラピーちゃんたちは胸元のカットが多い気が。この辺りは私の股間ではなく、心に訴えかけてきてくれます。

利用の流れは、博多駅からの電話連絡を推奨。そこからルームまで誘導してくれることになります。中々キレイなマンションで、部屋の方もキレイにされており、居心地は悪くありません。

セラピストはYちゃん。色の白い可愛らしい感じの女の子。一見おっぱいは小さそうにみえますが、前屈みになった時のボリュームに驚きました(隠れボインちゃんかな)。

こちらのお店オプションが多彩で、コスプレや洗体、集中ケアなどがあります。

Yちゃんからも是非と勧められるも、私的にはオプションでサービスの質を上げるのは好きじゃない。

そこでシンプルな100分コースでチャレンジ。支払い額は指名料込で15,000円です(割引無かったね)。

断ったことで何となく気まずいものの、シャワーを浴びて気持ちを切り替え、マットに寝ころびます。

Yちゃんの機嫌を確かめながら、ちょっとした会話で打ち解けようとします。

聞き役に徹してくれるので、おしゃべりオジサンとしてひとり盛り上がってしまったかもしれませんが、よかったのではないでしょうか。

オイルに入ると「やっぱりオイルは気持ちいいなぁ」と心の声で叫びます。

普段マッサージをしている側としては、してくれているだけで幸せを感じてしまう(ちょろい客の典型かも)。

際どい部分には控え目に進入。経路は外側から骨盤の内ぐらいまでと、足の間からサワッと一歩手前のラインをなぞる感じ。

レベルアップするのはカエルになってから。この辺りでは、まさに鼠蹊部と言える箇所に手が入りエステティックな試みが。指先をピアノを弾くように躍らせ、刺激が加えられていきました。

時折、竿や玉の横に当たるので次第にグググッ。隆起するマイサムです。

腰や背中などを経て頭上に回っての肩周り。「なるほど、わかりました」とパンチラはゲットできませんでした(残念)。

しかし仰向けでは、サワサワとふっくらしたパイオツが。堪能している私に気づいたのか、ギュギュッと余分に押し当ててくれた観はありました。

興奮ポイントはお腹かな。ギリギリまで下げられたタオル、そのギリギリラインから侵入したところに隆起した亀頭が。意図的なヒッティングは、完全にメンズエステの本領発揮です。

鼠蹊部は思ったほどのものではなく「ここまでなんです」と限界宣言。仕方なく着陸いたしました。

オプションを追加すればもっと豪勢なエステになったかもしれませんが、これはこれでアリかと思います。

でもリピートは様子見にしておきましょう。

情報局ポイント

メンズエステ『アイラス(AILUS)』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ