『お気軽アロマ きらく屋』体験談その1。福岡博多の幸せ感じるイチャイチャマッサ

触りながら際どい箇所にも指先を這わせてくる

『お気軽アロマ きらく屋』を利用した際の体験談です。

癒し大好き、40過ぎの玩具メーカーの会社員の石原です。

妻と子供が居る身としては、自由自在な動きが取れないのが日常のあるべき姿。したがって実家帰省中などが、ノーアウト満塁クラスのビッグチャンス。

しかし変に力が入って、とんでもないスイングとなってしまうことも少なくありませんがね。

ともあれ、そんなビッグチャンスに突撃を掛けたのが『お気軽アロマ きらく屋』さん。

『お気軽アロマ きらく屋』

リラックスすればきっといい結果が期待できるはず。そんな店名が気に入りました。

セラピは多数在籍しているようですが、出勤数はかなり少なく、ほぼ1人だけという状態が続いてる。願ってもない邪すぎる状況に、もう我慢できない。

電話の向こう側は女性スタッフ、何か上手くいきすぎてないかなぁ。

ルームは博多駅前1丁目、博多駅から5分くらい。祇園駅からも同じくらいとアクセスには事欠かないエリアです。

指定されたマンションを発見し、緊張感と興奮が押し寄せてくる。部屋に向かってチャイムを鳴らす、指よりも股間が突き出してたのはヒミツ。

招き入れてくれたのは、スリムでキレイ系のお姉さんMサン。丁度いいお年頃ということもあって、女性の品というものや色気もあり、上々のセラピです。

服装は露出度高めのワンピース。生地も薄くて、歩くたびにヒラヒラする感じやブラ線が顔を出したりと、目が離せないお姿です。

部屋の中部にはマットが敷かれており、ソファやテーブル等があり、照明は少し暗めでも言えば明るくしてくれるので問題なし。

少し明るくなるとマットやタオルの使い古された感があるのが少し気になるか。

改めてMサンの美貌を楽しみつつ、会計を済ませます。10分1,000円を謳っているだけあって、基本料金はリーズナブル。

でも3,000円の集中オプションをおねだりする表情を見せるので、100分が13,000円に。

それでも十分安いとは、安月給の妻子持ち向けエステだね。そして準備してくれたシャワーを浴びて、マッサージに興じます。

再び照明は暗くなり、ベッドインへのムードが高まります。Mサンの声も小声になっていて「始まっちゃうのね」を実感。

まずは普通に指圧をしてくれます。癒し効果の高い優しいタッチ、すごく丁寧なマッサージです。

オイルが始まって「足裏どうします」って聞いてくれます。メンズエステではあんまりイラナイ項目なのでスルーしてもらうことに、快く応じてくれるMサンです。

スルッと太ももまで、お尻もしっかり触りながら際どい箇所にも指先を這わせてくる。すでにメンエスモードへ突入か。

足を曲げられてのカエル脚。鼠蹊部を瞬時に捉えてるものの自重してる気が、核心に迫るまではもう一歩。

そんな思いでいると、Mサンがポジション変えてカエル継続。「おっふっ」しっかり捉えてくるではないか、褒めてつかわそう。

ご褒美としてお尻を撫でてあげることに(だってこっちに向いてたから)。軽くダメというも、私の手を拒もうとする気配なし。

オイルが付いてないのにスムーズな侵入を許してくれるとは、まさかが起きた瞬間です。

触っている内に、手が止まりはじめるMサン。表情から察すると、そういうことって答えが出てる。

しばし静かにマッサージを受けてると、頭上のお触りポジションへ。

ここでもイタズラ旺盛になってしまうも、許してくれるのは受け入れ態勢になってるってこと?仰向けでは、結構身をくねらせるようなこともあって。

自然とマッサージは部分集中になってました。対応も柔軟で、逆マッサやロデオなど、いろんなコトして、いい気持ちになれました。

これはかなりよかですバイ。押しに弱いのか寛容度が高いのか、まだまだイイコトありそうな予感。

ちゃっかり入り浸っちゃおう、そう決意した夕日がまぶしい日のことでした。

情報局ポイント

メンズエステ『お気軽アロマ きらく屋』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ