『フローラ(flora)』体験談その1。福岡博多駅前の某巨乳女優に似た美女に鼠径部を

オイルを追加した瞬間のドキドキ感

『フローラ(flora)』を利用した際の体験談です。

2週間ほど前からメンズエステ探しでも中々考えが纏まらない、いつものところに飽きるとこうなるんですよね~。

そんな移ろいをみせた秋口の32歳、職業は設計事務所でお手伝いをしている手塚です。

ニュートラルな状態なので、いろんなお店の魅力が股間に伝わってくる。

これはこれで楽しいですし、いい傾向なのかなと思っていた予定日前日、博多駅前にある『フローラ(flora)』てお店に出会いました。

 

『フローラ(flora)』

 

エステサロンのようなメンズエステというのがホームページを始めに見た時の感想。オイルにこだわっていたり、セラピストの経験を重視したりと、本格的な路線を目指している感じでした。

ともすれば想像に難しくないのがセラピストの年齢層。20代後半、30代中盤、40代と大人です。

そしてその3人だけの少人数サロン、私にとっては魅力を感じるポイントです。

予約を入れるもフリーで、出勤表を確認すればその答えに行き当たります(おひとりでした)。

それだけに受付時間が短くて、仕事終わりにギリギリ間に合うかどうかのレベル。

平日休みじゃなきゃ、なかなか難しいよね。ただリピーターになれば、それ以外の時間も受け付け可能との一筆が。なるほど、本格サービスは2回目からなのかなと悟ってしまいました。

気を取り直して向かうは博多駅前4丁目、ちゃっかりメンズエステのメッカです。

車はパーキングに停めて歩くこと2分くらい、小綺麗なワンルームマンションへと入ります。

迎えてくれたセラピストは40代のセラピストSサン。某巨乳系女優に似ているとのフレコミは近からず遠からず。

聞けば雰囲気がってことらしい、しかし胸の膨らみは匹敵していたんじゃないでしょうか。

すこしミニっぽい、エステ服の上からでもライン出てたもんね。

人生のベテランさんなので、コミュニケーション能力は高く、喋りやすいし聞き上手。しかも広げることもできると来れば、相性もいいじゃないかな。

支払い時には、ちゃんと前日予約ってことを確認済みで2,000円割発動。120分コースが11,000円になっちゃった。

そして嬉しいのがシャワータイム、脱がしてはくれなかったけどお湯が湯船に張ってある。

「入れ替えてるんでどうぞ」なんて気の利いた一言も。

ではとばかりにザブンッ、お風呂上りのまったり感はこれまでのメンズエステでは無かったなぁ~。

若干スケベ心が緩和されて始まったマッサージ、非常にしっかりしたマッサージでして贅沢な時間が堪能できます。

足元からほぐされてきて、太ももはちょっぴりくすぐったい感じ。ピクンッと思わずなってしまって「痛かった」と聞いてくれました。

「ちょっとくすぐったかっただけです」なんて言うと「この後もっとくすぐったくなりますよ」と(ドッキンドッキン)。

その後のキワキワへと繋がっていくわけですが、深さはあっても絶妙に当たらない。

センサーでもついているかのようなギリギリ、これなら大型トレーラーでの断崖絶壁も余裕だね。

そして何事もなく背中や肩甲骨を丁寧なマッサージ。「あっそこそこ」と深くツボを押し込んでくるので、疲れなんて吹き飛んじゃう(でも何か違う)。

頭上からの太ももは楽しんでたんだけどね。

その後仰向けになってから一通り。お腹ではそれ相応に当ててくる雰囲気アリ、勃起してくると当て感も増強。

何かこの辺から色気のオーラに部屋全体が包まれてくる。

そんなこんなでラストは鼠蹊部の時間が設けられておりました。

タオルがファサーッ、紙パンツはズリッ、ハンドはポールをギュギュっと。

一旦オイルを追加した瞬間のドキドキ感は、遠い過去にメンズエステで得たあの感覚にとっても近い。

そしてそのままフィニッシュへ。いや~あいさつ程度で終わると思ってましたから、嬉しい誤算で満足できました。

情報局ポイント

メンズエステ『フローラ(flora)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ