『モア(MORE)』体験談その2。福岡博多のねっとり密着で逆マッサ

色っぽい指使いは反則的に股間を奮い立たせる

『モア(MORE)』を利用した際の体験談です。

金融関係の仕事に就く43歳の中間管理職の北原です。

それなりの役職は与えられてるとはいえ、こうも板挟みになるとは想定外のこと。おかげさまでストレスに揉み解されて首筋はカッチカチです。

こうなると女の子の柔らかい手つきが最高の良薬、それを求めいざ福岡市内へと繰り出すのでした。

我々男子にとっては、もはやマストなサービスとなりつつあるのがメンズエステ。つらいとき・悲しいとき・気持ちよくなりたいときなど、いろんな気持ちにフィットしてくれます。

お店はネ、以前何かの拍子で利用したことがある『モア(MORE)』。ショートコースからロングコース、男ゴコロを刺激するあんなコースなど、多彩なメニューを用意しているのが特徴です。

 

『モア(MORE)』

 

以前は確か通常コースで利用、値段が値段だったのでズバッと来ることはなかったですが、セラピストの方に「コッチなら、もっと楽しめますよ」なーんて言われちゃったら気になって仕方ないですよね。

なおホームページにはセラピストの紹介文はあるけどプロフ画像のアップはナシ。何となく怪しげに思える部分で、選択に困るという弊害も。

でも個人ブログの方に、セラピちゃんたちが自らアップしていたりするのでソッチを参考にすると良いかも。

今回は前回のセラピがお休みってことで、フリーに委ねることにしました。

常時2人から3人のもようなので、時間帯によっては狙い撃ちも難しくないと思います。

「ではではよろしくお願いします」と伝え、予約はスームズに終了。

向かうのは福岡市中央区大名1丁目、これでもかっていうくらい天神の風を感じるエリアです。

天神駅からは10分も掛からずに到着できる距離、一階部分にいくつかのテナントが入るマンションがゴール。

若干レトロ感がありますがしっかり者の建物。エントランスでは警備員?にジロリとされつつも、気にせず部屋に向かいます。

「どうもです」の問いかけにドアオープン。お待ちかねのセラピはYチャン、ぷっくりフェイスがオカワユイ系のお姉さん。

スタイルは標準形、でも雰囲気がエロ~イ感じで即反応。

部屋はどうだろう、そこまでよくはないかな、清潔感もほどほど。

エロさ重視の姿勢ということで自分を納得させます。

そしてコースは「個人スペシャルコース」というスゴイやつ。90分いろいろ込みで14,000円でした。

しばし離れ離れになった後の出会いは特別。なぜかって、より一層生まれたままの姿に近づいているから。

ポロリもいとわないそんな姿勢のチラリズム、抱き寄せ体温の交換です。

そのまま背中に手をまわして、サワサワと相互マッサージ。Yチャンの下腹辺りに弾けそうな股間が押しあたる。

「なんか当たってる」と指先でモゾモゾとイタズラ的に。腰砕けになる私を見て「じゃあどうぞ」とマットへ案内してくれます。

「もうはじめますか」と大体の想像はできますが「何を」と聞きたくなるのがエステの世界。

「ここら辺ですよ」と色っぽい指使いは反則的に股間を奮い立たせる。

我慢できずに「お願いします」と即答気味に応えると「ウフフフ」と笑われちゃう。

「それじゃあ、上向いて」と言いながら近づいてくるYチャン。フフ~ンとゆっくり丁寧な手つきで、鼠径周辺をオイル塗れに。

コッチからのお触りにももちろん寛容で、至る所のさわり心地を確認。ちょっと声も漏れてくるYチャンに興奮度はマックス。

その後は立場逆転、これまで思い描いた妄想をもとに誠心誠意Yチャンに尽くしたことで親密度急上昇。抱き合うような密着のまま、二人三脚でゴールへと向かうのでした。

久々にすんごいエステを体験、しばらくは通うかもしれません。 

情報局ポイント

メンズエステ『モア(MORE)』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ