『アロマミセス純(mrs jun)』体験談その4。博多駅前のエロミセス

全身の毛が逆立ってしまうほどのアッハンッウッフンッなフェザー

『アロマミセス純(mrs jun)』を利用した際の体験談です。

モテる船乗りは港ごとに女がいると聞いたことがあります。

なんて奴なんだと思っても始まらないのは分かっています。

身の程をわきまえることを学び始めたアラフォー会社員の金城です。

ささやかですが、実は私もそんな状況を密かに築いて行こうと活動を続けています。

それは出張の流れで、その土地のメンズエステの女性との関係を持つことです。

とはいっても、あくまで客とセラピストとのエステな関係です。

店外デートで「アッハーン」なんてもってのほか。ルールを守り、コンプライアンス厳守に努めることこそが、社会人に課せられた使命だからです。

そんな私が、博多出張の時には必ずと言っていいほど顔を出すお店があります。

熟女の香りがする『アロマミセス純(mrs jun)』。ここまで40代のセラピストを揃えているお店は、全国でもそう見られない。こだわり派のメンズエステ店となります。

 

『アロマミセス純(mrs jun)』

 

なぜ通っているのかって、聞いちゃいますソコ。

まあね熟女が元々好きだってこともありますし、リラックスできるってこともあります。

その他では清潔感もあって、居心地もよかったりすることも。

あと大きい声では言えませんが、かなり確実性も寛容度も高めと言うのも。

電話番号もちゃっかり登録済み。ピッポッパと電話をかけ、事前予約を完了させ、博多に降り立ちます。

宿泊先のホテルへ向かうのですが、私の足はアロマミセス純のマンションへと向かっているではありませんか。

これは一体どういうことなのか。

その種明かしは簡単なこと。マンションの向かいにはカプセル風のビジネスホテルが存在し、そこに宿泊を予定しているからです。

まさかの目の前に腰を下ろせるとは。そこから仕事に出かけるという、何とも言えない気分が味わえます。

仕事終わりに一旦ホテルで整え、部屋から電話確認。「どうぞ」の合図とともに突撃です。

部屋で迎えてくれたのはKさん。

セレブな雰囲気の中にエロさも共存しているという、オッキさせるには十分な魅力を持っております。

「アラお久しぶりなお顔」「また来ちゃいました」なんて再会を喜び合います(Kさんは3回目かな)。

コースは120分で13,000円と指名料1,000円を加え14,000円のお支払い。

「じゃあシャワーの準備してくるわ」と、速い展開で一分一秒も無駄にしない。

私もサクサクっと要所を洗い、期待に応えます。

照明が落とされた部屋へと帰り、始まる熟女のエステ。果たしてその全貌は。

まずは準備運動的な軽いほぐしから。熟練セラピはマッサージもしっかりしている、これって結構強みだね。

肩周りすっごい気持ちよかった、つい唸ってしまうほど。

通常ならもっと時間を使ってほぐすところを、Kさんは「じゃあ後で念入りにしてあげる」とちゃんと理解してくれています。

程よい時間配分でパウダーへ移行。フェザーなコンタクトで反応を確かめ、一気にストローク開始。このコンビネーションが堪りません。

キワキワも十二分に深い、コンニチハと挨拶も多発して勃起力増加中。

パウダー特有の擦れ感は、いつでも発射できそうなレベルです。

背中もパウダーとなるのですが、カスタム仕様でオイルでほぐす。最初に言った、念入りにコリを取り除いてくれる健全リラクゼーションをしていただきました。

そして残るはムフフな時間かな。仰向けになると再びパウダーが登場し毛穴爆発。全身の毛が逆立ってしまうほどのアッハンッ、ウッフンッなフェザーで責め立てられます。

思わず我がムスコからは一筋の液体がタラリ。「アラ、これなーに」「そんな聞かないでよ」「ウフッ」「じゃあもっとね」とオイルが鼠蹊部にドロリと流され、夢見心地な世界を体感させられます。

快感に身をよじっていると「アーッゥ」と、吐息交じりのKさん反応がとてもエロかったです。

またすぐに来てしまうかもしれません。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマミセス純(mrs jun)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ