『リゾートスパ タオ(ResortSpa Tao )』体験談。福岡博多のマッサ主体の姿勢があってエロスも捨ててないオープンな健全店。

エステ的手つきで色っぽく誤爆を予感させるのだと、誰もが思うものですね。

フォークリフトを乗り回して約1年半、上げて下げて運んで入れて、何でもできる気がする30代のバイトマンです。何ならプライベートでの移動にもう一台ほしいくらいです。

シートの座り心地は高級ミニバンより優れてるぞぉ(主観)。エステの一手は『リゾートスパ タオ(ResortSpa Tao )』さんです。

タイのリゾート地をイメージしたとされる新店でっす。公式サイトからは健全な雰囲気を感じさせられるんだけど。お姉さん達がね、パレオをスリットが深くなるように纏ってて健全の趣としてはとっても攻めてるんです。

あとジャップカサイの文字が大々的に乗せられてるとこ。エステ初級者の私ですが、ジャップカサイは何故か知ってる。所謂アレを揉んでくれるんですよね。もう決まり。電話をしてみてスタッフが事務的に丁寧に応対してくれました。

指名は?と聞いてくれたんだけど、誰が?の問いには空きは一人だけと。御茶目かよ。とりあえずお願いして、ルーム方面を目指します。博多駅前3丁目、周囲に特別目立ったものはないですが落ち着いたエリアで駐車場もマンション近くに合って便利。

訪問合図、部屋の扉をどちらが開けるのかで苦笑いしながらの対面。「Nさん」です。おっとり風美人の見た目、性格はカワイイ系、スレンダーなスタイル。第一印象はアリです。

宣材写真とは違った服装ではなく、よく見るような感じ。でもミニスカ、丈がよろしいな~。「ハードルの低いパ〇チラ店」そんなタイトルが思い浮かんでしまった。室内はこじんまり、清潔感がありインテリアはシンプル。

ベターな床施術タイプです。料金は100分13,000円。安い、リンパ系とか例のジャップカサイの施術もコミコミ済みでこの価格。衣装チェンジもあるようだけど、Nさんを見てその必要はあまりなさそう。

洗面所とお風呂は普通、エステ前の楽しみが勝ってるので、何でも許せる気分で居ます。ウキウキタイムが向こうからやってきました。Nさんのテンションは高くてやる気を感じます。揉み解しから、それとストレッチも。

上半身、下半身と時間をたっぷり使ってます。Nさんのアクション力も高いので目で追うことでムフフ。もしかして線が細いタイプですか? ただ照明が暗かったのが難点。それからオイルを使って。

メンズエステっぽさと言うより、先ほどの揉み解しとストレッチをアップデートしていくような印象。健全なマッサージ、エロいのかエロくないのか判断は難しい。私も反応したりしなかったりの繰り返し状態です。

鼠蹊部もあります。ゆっくり手を擦り付けるように、鼠蹊部に刺激が伝わってきます。この時でも、正直言うとまだ、そのぉ、そういった男の現象が起きるようなことはありませんでした。

そして深くてもアテ(当て)ンションプリーズまでは中々難しそうな雰囲気。でもよくよくNさんを見て見ると、ハードルの低い〇〇してるじゃないですか。もしかするとNさんからすれば不本意かもしれませんがFKB現象です。

視線を感じてからの現象なのでNさんも察した様子。体は反転します。頭上からのマッサージ、手、お腹、脚。半分ピクリ半分マッサは一貫してます。股間の上のタオルが捲られ雰囲気が変わる。例のジャップカサイです。

エステ的手つきで色っぽく誤爆を予感させるのだと、誰もが思うものですね。グニッ指圧にも似た感覚。袋の先、睾丸にも圧が来る。イタムズと気持ちいいが交錯、アソコを握られるよりも睾丸を支配されることで男は弱くなるのがよくわかります。

しかし気が付けばFKB、睾丸が揺れ動くことでアソコも揺れるからでしょう。でもそれ以上になることはなかったです。マッサ主体の姿勢があってエロスも捨ててないオープンな健全店、意外とこういったアプローチの店が少ないので新鮮でした。

情報局ポイント

メンズエステ:『リゾートスパ タオ(ResortSpa Tao )
セラピスト: Nさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です