『アロマリア(Aromaria)』体験談。北海層札幌の全体的に妖艶な雰囲気の特にバストの張りがセクシーなお姉さん。

頭はハッピーホルモンをたくさん受け取る機会です。

40代の会社勤めです。高校時代、レスリング部でした。もうマットの上は十分だったはずなのに、現在も未だマットから離れられないカラダに。

多少、競技の方は変更されておりますが。培ったグランドテクニックは、全く役には立っておらず、可憐なレディの指先にねじ伏せられるだけであります。『アロマリア(Aromaria)』への訪問です。

選んだ理由としては、セラピ達の画像が余計な脚色をせず無修正っぽいからです。こっちの方が生々しくってイメージが膨らんでなんか勝手に妄想を広げてしまいそう。「こっち帰ってこーい」予約完了時にそんな声が聞こえたとか聞こえないとか。

札幌駅周辺にルームがあるみたいで、実際にアクセスも悪くなかった。電話で誘導されながらマンション到着です(約10分くらい)。驚くことに(驚いちゃいけません)室内オシャレです。こだわりの強い部屋ではなく、ちょっとしたところにセンスを見せる雰囲気ですね。

しっかり目のマット、鏡の大きさ、機材、緑などなど。バスルームは長居は無用、無香料のサッパリグッズが必要最低限に揃ってました。お相手の女子は少しタイトなエステ服を着てまして、特にバストの張りがセクシー。「窮屈っ」て言ってました。

世代はお店の中では上の方らしいけど入店間もないフレッシュなニューフェイス、それが「Yさん」です。もちろんバストだけじゃなく全体的に妖艶な雰囲気でこういうお店には欠かせない要素タップリ。

人間性も成熟始めているようで、スゴク気を使ってくれ気に掛けてくれてるのが分かります。挨拶のあと、同意書とかアンケートなどの記入があります。このアンケートで運命が左右されそうで、つい真剣になってしまうのは、誰にでもありますよね。

そのくらい勝負回だと、私の第六感が言ってます。必要以上に体力を使いお茶で一息、支払いは120分コース14,000円(指名料コミ)でした。紙パンツはTでフロントゆったり系のやつ、平常時、緊急時共にフリーダム。マットにはまずうつ伏せ。

そこからのマッサージは真面目です。ムフフの入り込む隙間が無いくらいに本格的に。凝り具合で体の不調を言い当てる技術とかも見せられると、気分的にそっち方面だけなのって。しかし強烈な揉み返しとなったのが鏡を介した風景。

穏やかじゃない気がします。ザワツク見え方に大大大興奮、いいもの見ちゃった。そんな山越えてオイルスタート。豊満な手つきはアメージングな感触となって打ち寄せてきます。緩やかで確実性の高い圧は滞らせてる老廃物も一網打尽にしそうなほど。

やがて脚の付け根、リンパの時間。経験に勝るものはないですね。キメリンパ、元気になるツボを刺激されるとメキメキ成長しちゃいます。「ここ好きですか」「ここも触って大丈夫ですか」えええっだってそこは・・・。完全体、もうこれ以上はさすがに。

しかし限界を作ろうとしないのがYさん。背中もさすがで丹念にトリートメントした後に仰向けとなります。頭からお腹まで、足から付け根まで、そういう流れ。頭はハッピーホルモンをたくさん受け取る機会です。

顔枕で注入されてポヨヨン、無論Yさんから。横に移動、手を握ってくれます。隙あらばポヨヨンの延長戦。クスクスと包容力を見せる笑顔は、私を調子付かせる羽目に。そこはマナーを守って自重しつつ。際どさの宝庫、お腹もずっと受けて居たくなるよね。

仰向けリンパ移行、首が疲れますが目が離せない。取れたての魚がピチピチ跳ねてるような光景だもんで。スルッとパンツ内を抜けていく、シャキーンとクロスさせて腕の中、ああ腕の中だとこうなってああなって。ハイッ魂抜けたーッ。

気が付けばシャワーの準備を済ませたYさんが「どうぞ」って。ボインで上手くていいと思います。ええーい次も指名しちゃえ。

情報局ポイント

メンズエステ:『アロマリア(Aromaria)
セラピスト: Yさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

北海道のメンズエステの記事

北海道のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です