『ゴーバック(GO BACK)』体験談その2。愛知名古屋のエンジェル

体験談販売ページ

人気店ランキング

一生懸命ディープに攻めてくれる

『ゴーバック(GO BACK)』を利用した際の体験談です。

やってきました、単純作業の使い手こと、愛知県内の工場で果てない同じ動きを繰り返している32歳の臼井です。

同じ方向にばっかり向いているせいか体が偏りがち。姿勢の悪さが自慢だったりして。

でもね、オイルマッサージ大好きな僕としては、セラピストに指摘されるたびちょっと恥ずかしくなってしまいます。

そして挙句の果てには「この辺り張ってるので重点的にマッサージしましょう」なんて言われると「そこじゃないのに、してほしいのは」ともどかしい。

せっかくの好意を無下にするわけにもいかず、甘えることがほとんどですが。

そんなことがあって、今回のオイルマッサージは、よりエロを求めてみようということになって、名古屋市内にある『ゴーバック(GO BACK)』てところに行ってきました。

 

『ゴーバック(GO BACK)』

 

なぜエロが求められそうなのかと思った理由は、サイトのプロフィール写真。スケスケTシャツやユルユルTシャツに、超ミニを合わせているコスチューム姿を披露してくれているのです。

この破壊力はハッキリ言って裸よりもエロし。いろんな妄想が風船のように膨らみ続けていくのです。

予約へのアプローチを敢行。少し日程の調整は強いられたものの、何とか許容の範囲内で獲ることに成功、人気があるってことはいいことです。

コースは基本のオイルトリートメント90分14,000円になるのかな。その他にも思惑全開のセレクトコースや、ブラジリアンワックスなど、興味深いコースも用意されていました。

1度のみならず何度か利用して、その全貌が明らかになるといった奥の深いお店です。

当日向かったのは名古屋市中区栄町5丁目。多数のショッピングビルや企業ビルなどが建ち並ぶ、名古屋市内有数の繁華街の、ちょっと静かなエリアにマンションがそびえております。

セキュリティーを促す張り紙を見つめながら「コンニチハ」。迎えてくれたのはカワイイタイプの女の子、Kちゃんです。

見た目よりも対応がさわやかな感じで、意外と世話女房的な一面もありそう。ギャップってやっぱり揺さぶられるよね。

これまで何度となく逆のギャップで撃沈してきた僕としては、噛み締めるべき幸せです。

部屋の設備はまあよくある感じでも、微妙なこだわりが。ソファではなくチェアーみたいなのと、マットはオイルに強いビニール系でした。

清潔さも保たれていると思われ「ウェ~ッ」となるところはなかったです。

説明事項やカウンセリング的なことはパパッと終了。お金を払ったら、すぐにシャワーへ案内からマッサ―ジへと突入しました。

華奢なKちゃんのマッサージは、それはそれは軽やかな力加減で手に羽が生えているよう。

ちょっといい表現をしてしまいましたが、もっと地に足つけた泥臭いマッサージの方が気持ちいいかな。

でもトークの軽やかさの方は楽しめました。

トークをし過ぎると興奮度が弱くなってしまう僕。中々反応の兆しをみせません。

「こうでしょ」と一生懸命ディープに攻めてくれるもハーフ勃起がやっと。これは情けない時間帯です。

時間が経つにつれ、次第に興奮めいた気持ちが湧き上がってきます。

なるほど緊張してたのかなと自分を慰めていると、Kちゃんのキワキワと反応が見事にシンクロ。

攻めれば攻めるだけ勃起力が増すため、Kちゃんも手ごたえを感じている模様で、エッチな雰囲気になって来るわけですよ。

僕もビンビンに力を籠めて、ビクビクッと動かしたり、腰をくねってみたり、Kちゃんは鼠蹊部へと視線も手も一点集中。

「あぁ~気持ちいい」と伝えると「ンフッ」と応対。

イエスかノーかどっちなんだいと、お子様なら不安になりますが、僕もいい大人。その刺激とテクニックを存分に楽しみます。

ウウン、思った以上によかった。次は脱毛で露出プレイにチャレンジだ。

情報局ポイント

メンズエステ『ゴーバック(GO BACK)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆