『ブルジュ アル トウキョウ(BURJ AL TOKYO)』体験談その2。日本橋でワンランクレベルの高いセラピスト

体験談販売ページ

人気店ランキング

まるで永遠に続くかのような動きに腰がクネクネ

『ブルジュ アル トウキョウ(BURJ AL TOKYO)』を利用した際の体験談です。

都内の某健康ランドで働いている30代の坂口です。

職場にはいろいろな癒しが満載なのですが、見慣れた景色の中では物足りなさを感じるんです。

そこで新しい感覚とエキサイティングな体験を求めようと、とあるメンズエステに潜り込んでまいりました。

まあいろいろとお店を検索するのは当たり前。その中でいくつかのお店をリストアップしていたんですが、中々決めきれず惰性の中で検索続行(よくありますよね、無いかな)。

カチカチッと、思わずダブルクリックとなったのは偶然か否か。そのお店のホームページで運命の出会いがお待ちでした。

『ブルジュ アル トウキョウ(BURJ AL TOKYO)』。お店のネーミングからして、ちょっと洗練された都会の風が感じられます。

 

『ブルジュ アル トウキョウ(BURJ AL TOKYO)』

 

そしてお値段面、これが意外と良心的で都内相場に納まっております(安くはないですがね)。

それに加えて、目を見開いて何度でも確認したくなってしまう精鋭のセラピスト陣。

本来ならチェックをおろそかになりがちなツイッターやブログなども、隅々まで拝見。

ナルホドのセクシーショットに紛れて、ライトなプライベート情報も楽しませてイタダキです。

そうなってくるとこの人ってセラピがで出てくるわけで、私のこの人は、Rさんでした。

激しい競争率の中、どっかの社長さんやイケメン野郎の荒波を掻い潜り、Rさんの豊かなお胸ではなく一枠にタッチすることができました。

さてお店となるマンションはどこぞや。東京駅と日本橋駅から歩いてすぐの、日本橋三丁目のマンション。某大手銀行が最初の目的地となります。

こんなところに構えているマンションはボロボロなはずもなく、ちゃんとした建物とお部屋でした。

そして扉の向こうにはここ数日間恋焦がれていた、Rさんがムフフなボディでお待ちかね。

そうなんです、私のことを待っていてくれたんです。

いい女に待たせるとは、何たるプレイボーイなのでしょうか。

さあ予習十分のRさんの実物は、意外と和風な顔立ちでおしとやかな大人の女性感が強い、もっと欧米風な感じだと思っておりました。

ボディは想像通りのダイナマイツ、肉付きもよく大迫力です。

口調は可愛らしいし性格は気配り系、いわゆるナイスですね。

さてお支払い。新規として指名料込の18,000円を用意しておきましたが、ここでいくつかのオプションが提案されました。

サービスがよくなるならと、ディープ系をプラスし結局20,000円となりました。

なるほどこういうことか。その他のオプションもいくつかあるので、あと数千円出せばさらにサービスのアップが望めそう。でもお財布の具合と初心者ってことで、ここはこれでイイのです。

ピンク色のTバックを纏ったら、いざマッサージの時間へ。

序盤はパウダーによる繊細なマッサージから。程よい擦れ感に、Rさんの肌の感触を堪能します。

軽めの圧ながら、丁寧にほぐしてくれるので、ほろほろに疲れが落ちるような感覚です。

オイルも繊細さを損なわない、きめ細やかな指と手の動きが持ち味。

どうやら女性エステなどでも経験がおありのもようです。

鼠径エリアには回転ハケのように指がなだれ込んでくる、まるで永遠に続くかのような動きに腰がクネクネ。

エロスな微笑にさらにクネッてしまいます。

密着は時折ありまして、ムチホワなボディが押し当てられる。

意図的?「どうでしょうフフッ」「どっちだと思います」顔が緩む、ただでさえだらしない顔なのに。

オプションつけるともっともっとらしいです。

でも私にはリンパのオプションが残っている。ヨコスカパンツの両サイドからは、Rさんの手がズボッと。

勢い余って逆サイド、もしくは上から突き抜けてしまうほど。

それにつられて我が愚息もハローな状態。オイルがしっかり絡められており、仕上がっております。

本日はここまででしたが、また体験したくなるボディとエステでした。 

情報局ポイント

メンズエステ『ブルジュ アル トウキョウ(BURJ AL TOKYO)』

セラピスト:Rさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆