『ペントハウス(PENT HOUSE)』体験談その1。蒲田のドキドキ健全エステ

オススメのお店

大阪
オススメのお店ーリラフル
オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

おっぱいが目の前を行ったり来たり

『ペントハウス(PENT HOUSE)』を利用した際の体験談です。

ちょっと蒲田まで、てな具合に何かと蒲田に用事ができる29歳の全力ショップ店員の大竹です。

普段は店頭で大きな声で呼び込みや案内を行ったりするもんですから、体がヘトヘトになっちゃうんですよね。

忙しいってのはいいことですが、もうちょっと給料に反映してくれてもいいじゃないのと愚痴を言ってみたりして。

でも負けません、なぜなら全力こそが正義だと信念を持っているからです。

「あっ、よく言われます」「暑苦しいって」でもね私だってクールダウンする時があるんですよ。

実はこの前、クールダウンにもってこいのお店を蒲田で見つけてきたので報告させてもらいます。

それはオイルマッサージが受けられる、リラクゼーションサロンの『ペントハウス(PENT HOUSE)』っていうお店。

 

『ペントハウス(PENT HOUSE)』

 

知り合いから教えてもらったのですが、結構入り浸っているようです。

辛口で知られるその知り合いがハマるとは「ヤルな」ってことで興味津々。予約を入れる手さばきが無駄にシャープに動きました。

ご丁寧な対応で「お願いします」と伝え難なく完了。ちょっと面喰う感じです。

お店に向かったのは仕事が終わってから。夜の始まるいい時間帯、蒲田もかなり賑やかな様相を呈してきていました。

場所は蒲田駅東口から歩いて1分くらい。すぐ着いてしまうのでよそ見厳禁、いつの間にか通り過ぎてしまっていることは全然あり得ます。

お店となるのは複合ビル。ラウンジや飲食店などが入る、大人の雰囲気のあるビルです。

その最上階?にペントハウスは陣取っております。

訪ねるとセラピストのお出迎え、TシャツパレオのHさんと言う方です。

そのまま部屋へとご案内。カーテンで仕切られた半個室、おしゃれではありますが天井の空間が気になります(音がダダ漏れ状態)。

気を取り直してメニュー選択。初めてなので90分からスタートすることに。料金は新規割で指名なしなので11,000円でした。

受付の際、Hさんがひざまずいた形になるのですが、イタズラに胸元が緩いのでオッパイの谷間頂きました。

パシャッと脳裏に焼き付け、思い出の一ページに保存です。

シャワーは完備しているので仕事終わりにはありがたい。スッキリして恥じらいながら選んだTバックを装着し、部屋へ戻ります。

何となくトーンがしっとりとしたHさん、アレアレもしかして何かあるのかなと予感めいたものを感じます。

マッサージはまず全体のほぐしから。「足がすっごく張ってますね」「ずっと立ってるんで」「そうなんですねご苦労様です」なんて話をしながら進んでいきます。

なんかすごく、マッサージが上手なんです。

グイーグイッとすんごくコリに効いてきます。

一連の流れの後は「じゃあ失礼します」とお声掛けされタオルオープン。

しなやかなタッチでオイルトリートメント開始。手の平を交互に動かしながら、エイエイエイとマッサージ、これまたいい感じ。

太ももになるとビビッと敏感に。だってさ内ももにも侵入してくるんだから。さらに言うとTバックなんで、お尻もガッツリ揉みほぐされる。

健全な雰囲気ではあるんですが、指使いが所どころでエロティックに。際どい箇所であることを意識しているのでしょうか。

そのまま上半身は安定の気持ちよさ。ロミロミっぽい腕を使った効率的なマッサージ。

Hさんの腕が「柔らか~いの」。ウットリしてしまうくらい、「それいい感じですね」と伝えると「ありがとうございます」「じゃあちょっと多目にやっておきますね」だってさ。

態勢は反転し、天井を見上げるとデコルテが始まります。

そうそうあのおっぱいが目の前を行ったり来たり、若干頭部にもふんわり感が伝わってきて軽めの勃起。

しかも私の胸の辺りのマッサージの時は身を乗り出すようになるので、股間部分が頭部にピッタリ「アアッ、シアワセ」。

お腹の辺りでは、かなり意図的な接触もあってこれまた「シアワセ」。

脱力あり、力が入る場面あり、中々のお店じゃないのかな。

エロを期待し過ぎずに、余裕を持って利用すると意外な楽しみがあるのかも。

情報局ポイント

メンズエステ『ペントハウス(PENT HOUSE)』

セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

体験談販売ページ

人気店ランキング